The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

Ich einfach unverbesserlich (Despicable Me 2010)


えーーーもともと実はいい人なんじゃ・・・。 こんな良い話、と思わなかったよー。ミニヨンいい子ちゃんじゃーん。 あっ、気に入ったよ、結果的には。

カテゴリー:全エントリー

規則


反骨精神は、子供のころから強い方だった。

くだらない、いらないルールに縛られたくない。
だから、最低限人間社会で他者と共存するためのルールは私は自ら守ってきた。
ゴミの日とかゴミの出し方、道路の歩き方自転車の走らせ方、車の運転の仕方、電車の乗り方、列の並び方。コミュニケーションの取り方だってそう。ルールがなくっても、「自分が言われて嫌なことを他人に言わない」ってのは、自身小学校1年生から「メガネザル」って悪口言われたから心に刻まれている。

自分で守ってるから、これ以上ルールで縛らないでくれ、って思う。

ルールが本来ならばいらないところに、これはこうです、とルールができることの怖さ。
ルールがあることに慣れる怖さ。
あってないようなルールにかけられる税金の額。

意味のないこと、無駄なことが本当に嫌いだ。

ある年日本に帰ってかつて住んでいた町の目抜き通りを歩いていると、歩道と自転車道に分かれいるのに、自転車が歩行者をぬって走る。高校生が横に一列になってちんたらと気持ち悪く自転車に乗ってる。車いすを押す人がわきによって、迷惑そうに見る。誰も何も言わない。
おかしい、おかしい。
自転車道にわざわざスピードが出せないよう、障害物を置く。これも自己責任を取らせないようでおかしい。

人が、与えられた環境で自分で物事を考えず生活するのに慣れすぎてしまっているように思う。

自転車道といっても、自転車に乗る人のマナーとルール保持は当然必要なわけでね、別に交差しない一本道じゃないから、スピード出しすぎたら危ないとは、自分でわかるべきなんだよな。

やっぱ人がメーター当たりに多すぎるからかな。支障が出てくるのは。
東京ってここからは信じられないほど人いるもんな。

カテゴリー:全エントリー

日本のルール、自転車レーンなど


ビートたけしのTVタックル、をみていて、あぁ、もうあの国では生活できないって思った。

つい先日お友達と会った時に、

日本で犬を散歩させるときは、フン袋は当然のこと、おしっこを流すための水を持ち歩かなければならない、

と聞いてびっくりした!!

自転車レーン、自転車乗る方の安全意識、安全ルールの徹底はさておきで、道路をせっせと整備しようとしているのも大変不思議だ。

コメンテーターがしきりに、アメリカやヨーロッパでできることが日本でできない、といっていたが、これまた不思議な概念だ。なぜに歩いてどこかに行くことが普通ではない、アメリカと比べることができるんだろうか??ヨーロッパ、いったいどこを指しているだろうか???
ヨーロッパって広すぎて私なら絶対比べない。

うちの町中でもせっせと自転車レーンを作っているが、自転車レーン一つをみて、ドイツ全体で設置している、と思ったら大間違いだ。

ドイツは結構自転車の国だけれども、それでも自転車乗る方のルール徹底もすごいのでね、納得するんだよな。

日本、なんかいびつだと思うよ。
日本は日本の特有の生活慣習があるので、新しく日本にあった、都会にあったルール作りが必要なんだろうな。

カテゴリー:全エントリー

ワイドナショー


いろいろと違和感。

「父の死を夫がSNSに投稿」された妻がこれまた新聞のお悩み相談に投稿。

どっちもどっちじゃぁないの?
二人で話してるのかな?

カテゴリー:全エントリー

すっごいうれしかったこと


私の話すほうの英語は大変な衰え方なんだけれども、書くのと聞くのはまだ生きていて、なんとかなってる。(電話するとき、取るときは、もードイツ語交じりながらも一生懸命なんだけれどもさ。)

お客さんはイギリスの会社など、英語がコミュニケーションツールの国が多く、英語で連絡を取り合う。

書くのは問題ないので、きつい意味にならないか、間違った意味にならないか、などを辞書や独英辞書、あと文章を検索してチェックしてだんだん昔に戻ってきているとは思う。

小口のお客さんなので私が担当しているイギリスのお客さん。今商品開発中で、面白いものを作ってる。売れるか売れないか、受けるか受けないかはまだ全然わかんないけれども、開発途中の姿を写真で送ってくれるので、励ます意味を込めて感想を送ってたんだけれども、先日商品のPVを送ってきたので、やっぱり励ましの意味を込めて感想とこうだったらいいな、みたいのも送った。

今日はほぼ完成品に近い状態の写真を送って来てくれたんだけれども、

すっごいね、かっこよくなったね!

って送ったら、オプション仕様で7色展開することになったそうだ。そのきっかけはなんと私が、

ファッションに合わせて黒だけでなく、いろいろとあるといいよね、って意見したことが決めてだったんだ、って教えてくれてー、

えーーーーー!!感激です。

けどちょいっと重荷です。

見た目で何かわからないところがまた興味を惹く、って本当に思ったまんまを伝えてるんだけれども、もしこれがさ、売れなかったら・・・・。

いやはや。
祈るよ。どんなものか今一つ想像つかないので、量産始まったら一つあげるよっていうのを待つことにする。

カテゴリー:全エントリー

THE DARK TOWER 映画化!


しかしなぁ、いっろいろと違う・・・違う。 別物としてみたら、面白いかも・・・。 Roland、ファンにしてみれば、やっぱりクリント・イーストウッド、またはほっそーーーい、ストイックな感じがよかったけども・・・。 でも見る!!

カテゴリー:全エントリー

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム