生まれてしまった

ミー君&なっちゃんは大変子育て上手で、
これまでに何回も卵を撤去してきた。
じゃないと何羽生まれていただろうか…。

で、前回撤去してからまた5つぐらいたまっていたので、
今回こそは担当のうちのお父さんに、撤去しなよ、しなよ、って言い続けていた。
私、いやだったのよ。
毎回まだ育っていない卵とはいえ、卵を撤去するのって、
非常に心苦しい行いでして。

巣をつけていなかったときは、なっちゃん、床の上にぽろんと生んでしまっていたりした。
卵を産めるのって鳥の寿命から言ったら生後2,3年のことだから、
つい巣をつけてあげていたのだった。

昨日一日そばにいたけど、何も聞こえなかったのが、
今日。
あれ?大君、またひーひー言ってる?って思ったら、聞こえてくる場所に大君はおらず、
巣があったという…。
今度は里子に出さないとなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 小鳥大好き    ジャンル : ペット

Comments

あらら・・・ 
もうすぐドイツを立たれるんですよね?
お忙しい時に孵化で、大変ですね。
取らなきゃ・・・取らなきゃ・・・って思いつつ取れない気持ち、よーく分かります。
私もかつてそれで一気に8羽育ててた事がりました(^_^;)
お留守番中はヒナちゃん共々どちらかに預けられるんですか?

キンカちゃんは本当に子育て上手なんですね~
お留守番 
今回小鳥ちゃんたちのために、お父さんがお留守番してくれることになりました。(ごめんね、だんな。)
おかげさまで安心して、私は留守をすることができます。
雛ちゃんたちの成長を今回は見届けることができないけれど、
それは仕方ないかな。

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login