FC2ブログ
Welcome to my blog

ドイツ日常、みんなが何とかしなければと思っていること

夜十時過ぎ。
電車にロマの家族が乗ってきた。おばあちゃん、お父さん、お母さん、子供3人。一人はベビーカー。お父さん、泥酔・・・。
一人訳のわからない言葉で大きな声を出していて、おばあちゃんがなんだかたしなめている風。
その脇で、真ん中の娘4歳ぐらいがペットボトルを持っている人のところにいって、ジェスチャーでそれ頂戴、とやる。断られて親のところに戻る。

みんな着の身着のまま。

公園が広がるところで降りていった。

街の中央の公園からはロマの野宿者が一掃されたそうだが、それだからか、行き場を求めて家族でうろついてる。

お父さん、なぜ子供が3人もいて、泥酔してるんだよ!!

ま、価値観が違うから、ごろごろと子供を作ってもその責任感はもっていないんだろう。物乞いの人手が増えた的な?!

あぁ、子供たちがかわいそうだ。物乞いするのになんの抵抗もない年齢から冷たい目の大人たちの間を物乞いして歩くなんて。

この人たちは一体どこから来たんだろう。政府は一体何ができるんだろう。ドイツ語も話さない人たち。

甘かったかも。

彼らの存在は、今は使用してはいけない言葉となった「Zigeuner(ジプシー)」としてもう何百年前からもあり、彼らはあぁやっていい季節の時は、露天で眠り冬にだけどこか定住するそうだ。

昔はどっから手に入れるのか知らないけれど、トレーラーハウスで移動していたようだが、今は定住型だそうだ。
それなのに、難民申請せず、子供たちは学校にも行かない。
行ったとしても言葉についていけず、異質な集団生活にもなじめず、ドロップアウトしていくそうだ。
つまり運命的に、ロマの子供に生まれたらそこから抜け出せない。

昨今では、年寄りの家に押し入るような犯罪も起きている。「子供にトイレを貸してほしい」「妊婦の妻に冷たい水が欲しい」と道徳に訴えてくるやり方なんだそうだ。
うちの近所の公園にも寝泊まりしているようなのが分かったので、娘の帰宅には気を付けないと。

見かけ身なりからどうしても警戒せざるを得ない。
子供たちが気の毒で仕方ない。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

yukaです。  
No title

ロマって、日本語では浮浪〇のこと?
一家で食べられないからドイツに流れ込んできたのかしら?アルコール買うお金はどうしたんだろう?お父さんにも教育がないまま成人して負の連鎖の人種なんでしょうか。日本でも子供食堂や賞味期限間近の食品を集めて配ったりと、昔は無かった制度が出来た分、貧富の差がはっきりしてきて、公共教育だけじゃ救えない出生格差が出来てると思います。

2018/07/19 (Thu) 03:55 | EDIT | REPLY |   
がるっち  
Yukaさんへ

> ロマって、日本語では浮浪〇のこと?

ううん、昔で言う、ジプシーのこと。

ロマやシンティの人たちって、流浪の民だから、国籍がどこなのかあいまいなのかも・・・。子供たちはそのため、ドイツで移民登録ができない。かわいそうです。
そういう風に親もそのまた親も過ごしてきたのかもしれません。

2018/07/20 (Fri) 18:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply