FC2ブログ

Stutt.家探し記

2018/01/27
いやーもう大変です。
社会福祉住宅ですらウェイティングリストがあるとニュースで聞いた。政府はせっせと難民用の住宅も作らなくっちゃいけない、この町はもともと学生のためのアパートも少なく、WG(Wohngemeinschaft,ヴォーンゲマインシャフト、数名で一緒に住むシェアハウス)にアパートを提供してください、という広告が市から出されていたほど。

学生や若い人たちが町になだれ込み、さらに難民受け入れ、移民も仕事のある街に集中しやすく、なのに住居自体は少ないため大変な売り手市場になっている。

毎日朝からずっとPCだけでなく、携帯でも様々な方面で物件をチェックして速攻申し込んでいる。

私の場合3部屋と若い人もシェアハウスとして狙う大きさで、さらに私はバスタブ付きを狙うので難しい。リノベーションの際、バスタブを撤去しシャワーにしてしまうケースが大変多く、物件自体が少なく絞られてしまう、つか、絞ってしまってるのは私だよ。(;'∀')

今日も内覧に行ってきたが、今は上記のように売り手市場のため、インフラがなっていない物件に人が押し寄せる。わかったよ。交通の便がいいところを狙うとこうなるんだな。周りの建物もなんだか怪しげに古かったり、新しくっても家族用ではなさそうな雰囲気(音楽ががんがんなってるのが聞こえたり)がある。この地域、便利で、一昔前は外国人の多いところだったけれど、今はこうなってんだ・・・。

アメリカから東京に引っ越した時物件を探したけれど、あの時は東京のこの地域あるいは神奈川、いや、埼玉いっちゃう?みたいなもう選択肢があまりに多く、自分の好みの形態を探すことができたが、なんて恵まれていたんだろうか・・・。

昨日内覧に行ったところはもうこの町ではないけれど、会社には少し近くなる。それだけでアパートが現代風になるし、大家さんがしっかりしていて落ち着いた住宅街の雰囲気がある。町中ってのは、とにかく人が流れ込むからいい物件、いい大家さんを見つけ出すのがとっても大変なんだ。

いまのこのアパートを探したのも私だけれども、ここもアップされて即内覧申し込みし、たぶん当時は夫の年収が大家さんにも魅力的だったのか、内覧の際に即決した。私自身ここのアパートの光あふれる作りが大変気に入った。

ドイツにお住いの皆さん、やけを起こして、次の物件とダブルで支払うのがいやだからと次が決まる前に契約解除を提出しては、絶対に絶対にだめよ!
一か月ほど家探しをすれば傾向がすぐにわかると思うから、じっくりね。

あぁ・・・。
でも私に、今更「先にKündigung出したらだめじゃない!」っていう人。全然助けになってないよ・・・。それは重々本人が感じて後悔しています。
知り合いはとりあえず自分の住む建物空きそうだから連絡する、って言ってくれたけれどもさ。

※注意:ちなみにこの話は、相場よりも高い賃貸を出せる人(2LDKに1200ユーロ以上ね)には関係ないからー。相場よりも安いところを狙ってる人の話だから、駐在さんには当てはまりませんので、安心してください。あっさらに、この町はこんな状態だけれども、不動産バブルがまだあるからね、ここには。地域によっては、住宅問題ぜーんぜんないかもしんないから。これが唯一って思わないでください。
関連記事
スポンサーサイト
comment (2) @ ドイツその他諸々日記
うちのジェットくん | 赤ちゃん寝かし付けのドライアー

comment

: yukaです @-
出来るだけ安く、お得な物件が見つかるよう応援してる!がるっちの事だから妥協せずいいものを見つけ出すような気がします。
2018/01/29 Mon 05:44:32 URL
Yukaさんへ : がるっち @-
ありがとうございます!
もー毎日祈っています。

2018/02/03 Sat 20:01:22 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する