赤ちゃん寝かし付けのドライアー

昨年末から機械音に悩まされてた。
一体なんなんだ?
一定感はモーターなんだけど、一体なんの?暖房?えー暖房?

娘があれは絶対上の家からだ、というので、我慢に我慢を重ねたある日、尋ねに行った。

そしたらね、赤ちゃんを寝かしつけるのに使っているドライアーならついてるっていうの。えっ?赤ちゃん寝かしつけにドライアー???



まじか?!
確かに上の赤ちゃん、カンが強いっていうの?散歩のあとなのにぎゃんぎゃん泣いてたりする、大変力強い泣き方で(幸い家には全然響いてこないので、気にしなくっていいから、ってさんざ言ってるんだけれどもさ)、親御さんすごい苦労してんだろうなぁって思う。

でもこのドライアーだったのよ。結局。
夜寝つくまでずっとつけっぱのドライアーがどうやってか知らないけれども、うちの部屋全体に響き、さらに言えば、階段にも響いていた。

これを思うと別に屋根裏部屋の部屋でも構わないなぁと。
上がないっていうのは、自分たちがくらう迷惑は下の家からしかないわけで、うちが迷惑の原因にならないようにすれば、静かに機械音なんかに悩まされずに生活できるじゃん。

ということで、部屋探しには屋根裏部屋も加えることにしたんだ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

金魚 #JalddpaA

他に案はなかったのだろうか(^^;

そら、大変ですね。
振動音は伝わりますからねぇ。
それにしても、ドライヤーじゃなくたっていいと思うんですが…モツアルトはダメだったのかなぁ?(^^;

ウチも、上か下か確かではありませんが、早朝ないし夜遅くに洗濯機を回すお宅があって、気になる時は気になります(;^ω^)

2018/01/09 (Tue) 09:53 | URL | 編集 | 返信
yukaです #-

日本の家で考えると、屋根裏部屋って断熱材が無く屋根からの熱を直接浴びるし、冬は寒いし収納には使えても住むにはどうなんですか?って思ってた。
ドイツ様式は違うのかしら。

昔、最上階(9階)に住んでた時は、下の方がドアを開け閉め等々、音って上がって来るんですよね。今住んでる我が家の場合は、天井と二階の床の間に防音しなかったから、娘たちのガタゴトが下の階に響いてます。(笑)

2018/01/11 (Thu) 07:31 | URL | 編集 | 返信
がるっち #-

Yukaさんへ

ペントハウスに作り変える場合、もちろん断熱材類はつけるようですが、それでも暑いって言われています。昔は今ほど夏が暑くなかったし、いまほどどの建物も屋根裏にも人が住めるようにリノベーションを施していなかったのではないか、って思われます。

Stuttgartの町中は住居難で、地下の物置を住居に変えたり(パイプが出ている・・・)、屋根裏を部屋にしたりとやっています。土地がないのか、土地がないんだと思います。ここ谷になっているので。

ドイツのいい建物は、壁が厚いので、夏は涼しく冬は暖かいものが多いんですよ。

先日内覧にいった建物は、アルトバウのため、天井が高くとてもいい感じなんですが、アルトバウ(古い建築物)なため、水回りの設備がーーーーー。いやーなかなか見つかりません。

2018/01/20 (Sat) 21:51 | URL | 編集 | 返信
がるっち #-

金魚さんへ

ドライヤーの音が、あの母体の血流音と似ているそうですよ。そこです。ポイントは。
しかしねぇ、私もドライヤーがあんなにも響くとは思いもしませんでした。

洗濯機早朝!!ひどいねぇ。どこかわからないってところがまた・・・。

昔ベルリンのアパートにいた時、中庭に響くパーティーの音。でもどの建物のどこがパーティーをしているかわからず・・・。

2018/01/20 (Sat) 21:55 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント