2017年3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2722
ナイス数:105

送り火 (文春文庫)送り火 (文春文庫)感想
やっぱよかった、重松清。一時重いのはちょっとって敬遠してたときあったんだけどさ。久しぶりに、引き込まれ、久しぶりに、あっという間の読了。また読みたいとまで思う。
読了日:03月29日 著者:重松 清
誰よりもつよく抱きしめて (光文社文庫)誰よりもつよく抱きしめて (光文社文庫)感想
最後は夢のようなハッピーエンドだけど、こーんな極端なひとが接客業は無理なんでは。
読了日:03月28日 著者:新堂 冬樹
神様のカルテ (小学館文庫)神様のカルテ (小学館文庫)感想
そんな生活で、倒れないのは若いから、ってそれだけ。的確な判断ができるのか、実際問題ものすごく疑問だ。こんな状態を放っておくのもすごく後進国的だと思う。
読了日:03月26日 著者:夏川 草介
あした天気にしておくれ (講談社文庫)あした天気にしておくれ (講談社文庫)感想
競走馬、哀れ・・・。動物愛護団体、これに関しては大騒ぎしないんだなぁ。 ところで、いやー私も思いつかなかったなぁ。そっか。
読了日:03月25日 著者:岡嶋 二人
愛しても届かない愛しても届かない感想
うーん、人のものが欲しくなる女って、結局じぶんがみえてないのかねぇ。本当に好き好きというその気持ちが全く見えなかった。最後のまた既に先に進んでいる女と張り合う姿、もー違うんでないの?って思う。
読了日:03月15日 著者:唯川 恵
最悪 (講談社文庫)最悪 (講談社文庫)感想
「どうにでもなれ」と投げやりになってはいけないんだなぁ。しかし、みんなそれぞれがんばってあがいたとは思うよ。いやはや、和也、一体どうなるのかなぁ。なんらかの幸せを見つけてほしいな、と一番体を痛めつけられてたし、思った。 新しくやり直す、切り替えポイントってのを垣間見た気がした。
読了日:03月12日 著者:奥田 英朗
愛してるなんていうわけないだろ (中公文庫)愛してるなんていうわけないだろ (中公文庫)感想
20代中ごろのエッセイ。20代で、愛してるなんていうわけないでしょー。好き、好き、好き、の世界じゃない?こういうのは、その前後の年代の女性が読むとなんらかのポジティブな感想を持つのかもしんないな。角田さんの40代のエッセイを読んでみたいと思ったけどね。
読了日:03月05日 著者:角田 光代
歩兵の本領 (講談社文庫)歩兵の本領 (講談社文庫)感想
久しぶりの浅田さん。期待を裏切らない。いや、内心、歩兵、うーん戦争ものかな、って戦々恐々としてたんだけど、自衛隊の話だった。なんだかきんぴかのみんながいるみたいだった。殴るとか、半殺しとか、殺せ、とかいやーーー言葉はすごいけど、なんだか憎めない、ゆがんでない、人間味にあふれる人たちだった。
読了日:03月02日 著者:浅田 次郎

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント