私のだめなところ

これからなんとか直していきたいって思っていること。

例えば、みんなが「怒られるよ」と口をそろえていっていて、「だから小声で言ったんだよ」という現場にちょうど戻る。

「えっ、なになに?」

が言えない。内心、私のことかな、と思うともう動けない。気づかなかったわざとらしいふりしかできない。

例えば、コートかけからだれかが自分のコートを取ってる。すると私のマフラーを一部床に落としてしまう。

「拾ってくださいね」

が言えない・・・。

例えば、引っ越しの時引っ越し屋さんが詰めているときに、「ぱきん」という音を聞く。

「あっ、今割れたんじゃない?それ詰めないでね」

が言えない・・・。

例えば、夜中にだんなの携帯が光ってびっくりして飛び起きると、旦那が急いで携帯を取り上げてこっちを振り向くのを見る。見たのに、

「誰から?」

が言えない・・・。

あぁ、何々、私小心ってことだよね。
だめだ、だめだ。(吉高由里子風に)

変わるぞー!絶対。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

意外です 
がるっちさんって、言えない人なんですね(^^;
意外でした。
控えめでつつましい…日本的?ともいえるし、いい面もあるでしょう。

私はどちらかというと言ってしまう方なので、最近では初対面の人には「私、こういう人なんで…」と最初にお話しするようにしています(^^ゞ
No title 
それ、私もあるあるです。
人の顔色伺っちゃう、気弱なんもんで汗
Yukaさんへ 
えっ、ほんと!
なんか仲間うれしい。
今日もやっちまったぜ、なこと。
イヤホンをパソコンにさしていた、と思っていたら、ちゃんと刺さっておらず、音が外にもれていたのを、同僚も見ていた、っていうときに、あっ、ささってなかったー!って言えず、イヤホンそっと引っこ抜いてた私・・・。あぁ。
金魚さんへ 
私、ドイツに長くてもドイツ人になり切れない人なので。
ドイツ語ではちゃんと返せることも、日本語での会話では、やっぱり昔ながらの日本語での応対からできません。

外国語になって突然きつい人ができあがるんじゃなくって、日本では本当の自分を隠していた人たちが、外国語の世界で突然開花するだけだ、っていうのが私の持論です。
あ~そうかもしれません 
最初に外国に行った時、何か解放された感じがしたんです。
英語を習うようになって「自分の意見を言いなさい」と訓練を受けたことから、はっきり言うようになったかな。
両親は典型的な日本人タイプで、周りを気にし、「こうでなければいけない」という枠に自分を当てはめて生きてきました。
私はそれがすごく窮屈だったんですね。

ハッキリ言うことで、いいことも悪いこともあります(^^;
言い方とか、タイミングとか、ちゃんと説明するとか…心がけなきゃね。
金魚さんへ 
あぁ、あの、「あなたはどう思いますか?」ってやつですね。

瞬時に自分の意見、普段考えたこともないような内容についても言わなければならない、普段はどうでもいいと思っていることについて、Con かProに分かれてはっきり意見言わなくっちゃいけない。あるいは、Con とProを自分の中で明確にもっていなければならない、いやー面倒臭かったです。
討論の時間、ってだから必要なんですねぇ。

私なんか日本らしさもまだ残っているので、こっちで40超えた大人が好みで付き合いを制限しているのをみると、やりすぎだよなーって思います。私にも一人いるから少しはわかるけれど、あまりにあの人だめ、この人だめ、ってなんだそりゃ、って思います。

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login