近況

すごい一か月も間が空いてたー。あららー。
もーいろいろとあったんです。だから、あっという間に時間が過ぎてしまったのだよ。
一つ私の父が他界。突然のことで、すったもんだした。

帰りの空港の本屋で、桜庭一樹の「このたびはとんだことで」が目に入り、短編なので、少しずつ読み進めている。その中の一つ、「冬の牡丹」に大変共感した。
私は一人相撲をとっていたのかもしれない。相手はいろんな人だ。そこが見えて、すっごく心が軽くなったし、救われた。

父が亡くなっていろいろと考えたのですよ。うん。自分で作った呪縛から逃れられたと思う。

もう一つ大きいところは、就職したのだー。だからといって、ミニジョブをすぐにやめることができず、夏の間は二足の草鞋でいく。
しばらく忙しいほうがいいのです。

自分の人生をようやく自分第一で考えられるようになってきたと思う。誰の顔色も窺わず、自分の利益を第一に考え、自分をかわいがり、自分のしたいように、自分、自分、自分。
主婦でいて、母親でいた時期に忘れ去っていた事柄。それらのことが、私に戻ってきた。
うれしい。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

No title 
え?うぇ?ちょっと待って!!
お父様亡くなられたの???

いつ?どうして?
短期帰国してたのね?

裕美子さんにとって、お父様との相性 距離のあることは何かにつけて聞いていたけど、時折見かけるお姿は、私には孫をかわいがる好々爺とお見受けしました。

心からお悔やみ申し上げます。

日本人の平均寿命に比べたら、まだまだお若かった筈。
細川家一大事に娘の裕美子さんもマーバさんの喪失感に寄り添って支えて差し上げて。

行動的な貴女は、これから自分の仕事を自分の脚で自分を主体に生きていくって、すんごい共感と羨望とそして応援してる私です。
今度会う時は、また楽しい話をいっぱい聞かせてください。

最後に お父様に   合掌・・・・
Re: No title 
Yukaさん、ありがとうございます。
もーね、ほんとうびっくりだったのです。
一番長生きするだろうって思っていたのに、父らしい最後というか、みんなの考えの裏を行くというか、思いもつかないことをするというか・・・。
最後に父に挨拶できて本当よかったです。
No title 
お久しぶりです。
大きなことが起こっていたのですね。

お父様、逝ってしまわれましたか。
どうぞ安らかに。
お母様はお元気でしょうか?
いつも一緒にいた人がいなくなるとさみしいものですから。

それから、就職おめでとうございます。
生活が大きく変わりますね。
お子さんたちが巣立って行ってこれからの長い人生、一人の女性として生き生きと楽しく過ごせるといいですね。
ご活躍をお祈りいたします。
お身体にはお気を付けくださいね(*^-^*)
金魚さんへ 
ありがとうございます。
夫婦の形っていろいろで、母は別にいつも一緒にいたわけでは、ないんですけれどもね。
複雑な気持ちはあるんだろうなぁ、と思います。

子供である私は、気持ちの切り替え早く、大好きだったお父さんの頃の気持ちでいればいいや、と思えています。父も大変な時代の人ですから、あの性格、仕方なかったのでしょう。なんだかんだいっても、本当にいなくなるのか、って思うと悲しかったです。

もー体が資本です。ほんと。
しばらく忙しいのですが、ほんとう楽しいです。家にいる時間を減らして、私の場合、正解です。
鳥ちゃんたちは少し荒に近づいてしまうかもしれないけど。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login