国民性

いまちょっとバイトに出てるんだけど、そこでの観察。
その人の日本人度がよく分かる。

ゆとりですが、なにか、じゃないけど、ゆとりの世代の子は一体何を考えているのか分からない。嫌な顔もしない、いい顔もしない、能面というか、なんというか。想像力がないのは、働き方を見ていて分かる。
日本に興味があって、日本にも留学したことあっても、日本語を話すために印象を与えるその日本ぽさとかはフェイクというか、表面的でしかないってよく分かる。もちろん生まれ育った家庭の文化慣習のほうが当然強いのだから、言葉の端はしにその文化が現れて、それが日本語で話されるとむかつく。何を分かったような口を利いてと。ドイツなわけだから、ドイツらしく、他人の失敗を強調するのも上手で嫌気が差す。

反面教師、他人のふりみて我がふり直せ、などまったくこれまで念頭においてこなかった人というのも多いのが分かる。

そしてそんな中にいて、自分がストレスあまり感じないように、許容範囲を決められる自分がいるのにも驚いた。だてに年取ってないし、だてにここに長いわけじゃない。
関連記事
スポンサーサイト

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login