The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

どっちでもいいこと


昨日はとうとう先生、指導したのだった。

前回の日記で、何話してるのかわかんない、って言った二人に、試験を受けるのだったら、フォネーティックは必要なことだから、お互いにもわからなかったら、わからないと伝え合うようにって。
そして、ギリシャ人の彼女は、抑揚をつけた読み方、話し方をするよう指導された。

この後スペイン人の彼は、はっきりゆっくり話すようにしてたよ。

みんなの前で指導されたことは気の毒だったけれどもさ、今後の彼女のためにもなるからね。

これから大学受ける子が3分の1はいるんだけど、TestDaFを受ける子がしきりに言いたがること、

TestDaFは、ゲーテC1よりも難しい

先生はこれまでも何度も説明してきた。用途、目的が違うって。
なのに、ゲーテC1は簡単と言ってほしいみたいなのね。私はTestDaFを受けるからすごい!みたいな。受けるだけなんで、別にNote1を取ったわけじゃないんだけど。

でも私としたら、どっちでもいいじゃん。個人個人の用途に従って個人のベストが取れたらいいんじゃないの?
あーーーこんなやり取りに時間を奪われるのがいや。

そうそう、もうひとつ気になったこと。
ドイツは知られているとおり、5年生から進路が分かれて、お勉強苦手な子は、Realschuleから心持次第で大学などを目指せるシステム。
なのに、このクラスには、宿題もしてこない、授業への参加も最低限、つまり数年前のドイツの小学校でだったら、Realschuleの推薦状しかもらえないような勉強態度の連中が大学に入るために、TestDaFの準備をしている。
まぁ、民主主義的な見地からは、いつからでもやる気を出した人にチャンスをっていう感じだけど、ドイツだとさ、途中まで勉強してこなかった子が大学へ行くのは難しいわけよ。外国人よりも門戸を開かれていないかもしれない。
なんだかなーーって思った。(移民の皆さんなわけでね。)

さらに、vhsにはテーブルと椅子があちらこちらにおいてあるけれども、そこでひがな一日中カードをしている、外国人のおっさんたち。あれを見ても非常に複雑な気持ち。税金も払っていないような移民が、遊んでんのかい!っていう。その生活はドイツ国民の税金で支えられていて・・・。私もなんとか自分の糊口ぐらいはしのげる稼ぎをと日々切磋琢磨しているっつうのに。

怠け物が一般的な国から来た人たち。(たいていそんな国の女性たちは働き者なんだ・・・。)
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:ドイツとその他

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

金魚 ⇒ 頑張ってますね

語学ってやり始めるといつまでも終わりがないですよね。
英検、TOEIC、TOEFLとあるように、ドイツ語の試験もいろいろなのですね。
難易度がどうってことより、それぞれの人が目的を果たすためにがんばればいいんですよね。試験はそのための目安って感じで。受かったからといってそこで終わりってわけでもないでしょうし。

ピアノでもなんでも、コンクールや試験を意識し始めるとどうも本末転倒で、なんのために頑張ってるのかがわかんなくなってしまうことが多いような気がします…世の中の皆さん。

今はピアノが1番、英語が2番、ドイツ語3番…って3番目はすっかりお休み中なんだけど(^^;
ちょっとは稼ぎがないとあれもこれもはできなくてね。
そのうちパートに行こうかと思ってます。

  • |2016.02.25
  • |Thu
  • |07:09
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

がるっち ⇒ Re: 頑張ってますね

金魚さん、こんにちはー!

> 語学ってやり始めるといつまでも終わりがないですよね。

ほんとそのとおりですね。でも、だんだん年のせいか、母国語以上に私が話せるようにはならないだろうな、ってあきらめの気持ちが出てきました・・・。

> 試験はそのための目安って感じで。受かったからといってそこで終わりってわけでもないでしょうし。

そうなんですよ!!
まだ受けてもいないで、受ける試験で優越感を持つなんて一体全体・・・。
それにどの試験も合格、不合格じゃなくって、点数がついて、TestDaFの場合は、その点数次第で、アプライできる学部が変わってくるとか。受けることはできるけれど、どんな点数を取るかはまた別の問題なんですよね。

私も引き続き仕事探ししようっておもってます。みんな、どんな年齢でも、やっぱりいくつもお断りをもらってまたがんばってるようで。私もがんばろーっと。

  • |2016.02.25
  • |Thu
  • |18:43
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム