Alex (Verhoeven Trilogy Book 1) - Pierre Lemaitre

第一章と二章あまりに悲惨で残虐で、疲れちゃうからトントンよめなかったが、第三章。過去が明らかになっていくと、その信じられないほどひどい仕打ちでも、ページを繰る手が早くなった。緊張感溢れる取り調べがおもしろかった。想像しないようにした凄惨なシーンが多いし、次巻の奥さんの事件は酷いんだろうなと想像できるので読めない。


2013年CWA International Dagger Award受賞作品。

★四つつけたけど、確かにスリラーとしてはかなり作りが凝ってる。内容はもー恐ろしかったけどね。

これ、映画化されるんだって!!
読んでみて、自分の頭の中ですら映像がしたくないシーンがたくさんあるのに、やだわー。
どうして、こんな残虐なのが・・・。他人が痛い姿、悲しむ姿、苦しむ姿、誰が見て楽しむんだろうか・・・。
関連記事
スポンサーサイト

Comments


« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login