いまだ引きずってる伴奏の失敗

娘の発表会は、先月末だったが、いまだ心に引きずっている。
私の伴奏のせいで、自分の演奏に集中できなかったんではないか、と。
まるで学校での音楽会(先生がまとめてみんなの伴奏をする、ので、伴奏はいつも崩壊してる)のような状態になってしまったんではないか、と。練習、一緒にしたのに。

発表会で小さい子達の伴奏を一手に一人のお父さんが引き受けてた。たぶん音楽家なんだろうなぁ。
その伴奏を聴いてて思ったことがある。

全部弾いてない、のにまとまって聞こえる、これって一体どうしてだろう、って思った。

よーく考えると、譜面みて、たぶんピアノを聞かせるところと、ポイントとなるバイオリンを引き立てる部分などが見てとれるんじゃないか、と。そこだよー、きっと、って思って、「伴奏」「初見」で検索すると、そういうブログを発見。

ピアノ科出身のみなさんはきっと歌や楽器の伴奏をいろいろと頼まれてこういうの当然のことなんでしょうね。

私は趣味のピアノ弾きでしかないけど、次回は、全部をきれいに弾くにこだわるのではなく、バイオリンのメロディーを生かすところはどこかを研究して、やってみたいと思う。

キーワードとなることを娘も言ってた。
「全部弾かなくっていいんじゃないの?」って。

確かにそうなんだと思う。
初見は、簡単な曲をこなすことによって、腕は上がるって書いてあったので、どんどんやっていこう、っていうか、指はぜんぜんよくなっていないので、いまだ練習は控えめにしかできないんですが・・・。日本に行ってる間に指、治したいと思う。ピアノ弾かなければ、完治とまではいかないけど、よくなるんでは・・・。リウマチの疑いは血液検査の結果、ないようなので。
関連記事
スポンサーサイト
明日出発 | Home | 健康管理

コメント

コメントの投稿


非公開コメント