Was vom Tage uebrigblieb (1993)

日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/04)
アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン 他

商品詳細を見る


先日こちらで話題にした、カズオ・イシグロの日の名残りの映画版を見た。
途中から見だした娘が、何難しいの見てるの?って言ってきた。
執事が主人公だよ、っていったら、へぇ、だって。

Emma ThompsonのMiss Kentonはぴったりだったと思う。
かなり内容は本に忠実に作られていたと思った。
執事の仕事、邸宅での催しものなど本を読みながら頭に描いたのと大変似ていた。
すごいなぁ・・・。

Anthony HopkinsのStevensは、でも目元に、口元にちょっと表情が出てしまって、
ポーカーフェイスを貫けていなかったように思った。だから、なんとなく気持ちが曖昧に見えて
もっとよく分からなかった。

本はStevensのひとり語りなので、悔恨がにじみ出るのだが、そこのところが少し淡かったと思う。
残念。

この作品は1993年で、まだ健康体であったクリストファー・リーブ、素敵だったなぁ。
このスーパーマン以外いないよなぁ。
いや、私にとっては、somewhere in timeのクリストファー・リーブなのだが。
事故はこの2年後。本当に残念だ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

一人巣立っていったのだ | Home | Du とSie

コメント

コメントの投稿


非公開コメント