The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。


ぬしさまへ - 畠中 恵


畠中 恵 / 新潮社(2005/11/26)
Amazonランキング:893位
Amazonおすすめ度:
‘江戸 人情物’
のんびりした世界
しゃばけ第二作



短編集。
仁吉と佐助の人柄といいましょうか、妖怪たち、そして登場人物の人柄をよくあらわす話となっていて、面白かった。
是非続きも読みたい♪
 
「ぬしさまへ」仁吉に付文を届けた女が水死で発見された。
「栄吉の菓子」辛口の老人、だけど、いっつも栄吉の作った菓子を求めてくれた老人が、菓子に当たって死んだ?!
「空のびーどろ」一太郎の腹違いの兄、松之助が勤める桶屋で、小動物の惨殺が連続して起きる。
「四布の布団」一太郎の新調した布団が毎夜泣く。
「仁吉の思い人」に吉がずっとずーーっと思い続けた人。
「虹を見し事」なぜだかいつもと違って妖怪たちが口うるさくあれをしちゃだめ、これをしちゃだめ、と言ってこない。自分の内緒の外出もとがめない。一体どうしたんだろう?
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

Comments

 
こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
キャラがよく表れていましたね。
トラックバックお待ちしていますね。
藍色さんへ 
トラバ、ありがとうございます。
こちらからもさせてもらいますね。

Trackbacks

きょうも元気に寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。 おまけに難事件もめいっぱい。シリーズ第二弾、ますます快調。 ...

« »

04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login