Tote Maedchen luegen nicht

邦訳あり。どの子も自分が中心、自分の事で精一杯ってのは仕方ない時期だと思う。けどこの子は、センシティブ過ぎた。自分、自分、自分っていうところも強すぎた、と思う。途中まで一体何が自殺の原因なのかさっぱり分からなかった。他人になんのアプローチもなく、それなのに他人に期待しすぎた。残された人たちへのなんだろう、あてつけというか、逆恨みというか、自分も何もソレに対してしなかったじゃん!という内容でのあてつけがひどいと思う。


実際こんな労力を使って回顧している子が自殺するんだろうか・・・って思っちゃった。
そのぐらいバイタリティはあると思うんだよね・・・。
「こんな時私傷ついたのよ!」ってテープに吹き込んでるところは。

13の理由13の理由
(2009/03/26)
ジェイ・アッシャー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント