Die Fluesse von London - Ben Aaronovitch

表紙買い。読みやすいかな、って立ち読みして思って買った。いやーー時間がかかった。魔法使いの話に終始すればいいのに、女の子に興味が出たり、ロンドンの歴史に興味がでたり、話があっちゃこっちゃ飛びに飛びまくり、なんだか結局味のない仕上がりになっていた。
読む方も大変疲れた。
脇役のナイチンゲールの周辺にだけ良い感じの怪しい雰囲気が漂っていたので、彼を主役にすればよかったのに。


ようやく読み終わった。
飛びまくる話、どれも面白そうだけれども、つながりが今ひとつピンとこず。
もったいないなぁ。

S. 477
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

トム カー ガイ スープ | Home | 恐怖のAWL

コメント

コメントの投稿


非公開コメント