今日の夢:私に取って一番コワイもの

昨日帰りの飛行機の中で、前の人のスポニチみたいな新聞の、フロリダのゾンビ話に関連して、ゾンビみたいに目を見開いた真っ白な顔の人間の写真を見てしまったからかもしれない。

先週見た夢も教室にゾンビが入ってこないよう建物の鍵をしめよう。
そのために二人で組んで各方面のドアの鍵を締めに行こうと提案していた、私・・・。

今朝のは怖くって、起きちゃったよ。

ゾンビじゃないんだけれども、あのフロリダのショッキングな事件みたいな感じ。
一人の中年の女が肉片を通りや壁に投げているの。
それが人肉ってらしいのね。女はもう常軌を逸している様な感じなのに、私はわかってる。
私を追っかけてくるって。

それで逃げるんだけど、何処に逃げればいいだろう、って一生懸命考える。
通りを逃げれば通りにいる無関係な人間を襲うかもしれない中年の女。
大変。私の知り合いを見れば誰かれ見境なく襲っているようだった。
逃げてる最中に、知り合いに出会ったので、知らないふりして、右の道へ逃げろ、と怒鳴った。

中年の女は下向き加減でよろよろとでも確実に私を追ってきていた。
怖くって怖くって仕方なかった。
その顔が見えなかったのも怖かった。

途中、夢なんだから、女に対峙したらどうなるだろう、と思うも、恐怖だけが残った。

なんだったんだー?!
関連記事
スポンサーサイト
労りの言葉 | Home | 夢の話・またまた鍵を締める

コメント

コメントの投稿


非公開コメント