The Internal Devices: Clockwork Angels - Cassandra Clare

前シリーズもどんどんメロドラマチックに、少女趣味になっていったと思うが、まだストーリーに無理はなく、楽しめた。が、これはなぁ。無理な時代設定と作者の知識にずれがあったんじゃなかろうか。pride and prejudiceぐらい徹底したらまだ良かったろうに、時おり思い出したように台詞にいれるので、おかしかった。
tessaのキャラクターも随分と短絡的で、一生懸命女主人公にしたてあげようとしていると感じた。
もう読まないなぁ、この人のは。


496 Seiten - 14 - 17 Jahre(でも内容は小学生高学年のほうが素直に入ると思う。)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

美術館ツアー | Home | 無責任なドイツ人センセ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント