A king's ransom (39 clues) - Jude Watson

Jude Watson
Scholastic Press
発売日:2011-12-06

39cluesの時は大人のチームが実はバックアップしていたし、nellieもいたから何となく安心していられたが、今回は自分達と仲間のみ。なのに敵が凶悪。そして謎、謎、謎。装丁はこうだけどサスペンス色も強くなっている。今回のメインは、ドイツ、ノイシュバンシュタイン+プラハ。最後は絶句して三巻に直行!


Dan が思春期まっただ中という感じ。
両親が小さい頃に亡くなったということも心に穴を開けただろうに、おばあちゃんのGraceが亡くなった哀しみも癒される前に、39 Cluesに放り込まれ、一度ならず何度も死ぬかという目にあったのだものね、
Danの精神がAmyにとってはとても心配だったというのはよく分かる。
強制的に大人にならざるをえないってのは、やっぱり歪みを生むだろうな。
と児童書を大人、親目線で読んでいる私・・・。
Danを支えてくれる大人が現れるといいのだけれども・・・。

S. 190 - 39512 - ab 10 - 570L
(Lexile Measureは私個人の目安のために。)

Cahill VS. Vespers 3 The Dead of Night
Cahill VS. Vespers 1 the Medusa Plot
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

学校スタート | Home | Medusa Plot (39 Clues) - Gordon Korman

コメント

コメントの投稿


非公開コメント