The Key to Rondo - Emily Rodda

Emily Rodda
Scholastic Paperbacks
発売日:2009-09

いやー楽しんだ。
ハラハラどきどき。
神経質なLeoの発言に時折、いらっ。

Leoは代々Langlander家に受け継がれるオルゴールを継いだ。
そのオルゴールは不思議に生き生きとした絵が描かれていた。
そして奇妙なことにルールがあった。

ネジは3回だけ巻くこと。
音楽が鳴っている間にネジを巻かないこと。
音楽が鳴っている間動かさないこと。
音楽が終わるまで蓋を閉めないこと。

そんなルールをやぶりたくなるのが、同じ年頃のいとこ、Mimi.
彼女はそのオルゴールに入っていたアクセサリーをおばから継いでいた。

そんなMimiがしばらくLeoの家に滞在することになり、事件は起きる。


<以下はネタバレを含む>
エミリー・ロッダのファンタジー、好き。











誰がオルゴールの中にもう一つの別世界があるって思うでしょうか。
そこでは、赤ずきんちゃん、三びきのくま、七羽の白鳥、えとえと、その他諸々の童話が
現実の話として登場・・・!
おもしろすぎ-。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

月日の流れ | Home | 次の曲

コメント

コメントの投稿


非公開コメント