Fuer Schuhe wuerd' ich morden - Laura Levine

かるーーいディテクティブストーリー?!かな。
大変読みやすかった。
こういうので、ドイツ語の本増やしていけばいっかな。

デザイナーブランドのお店で、憎まれっ子の店員が殺されていた。
それも彼女自身のピンヒールで首を刺されて!
一体誰が。たくさん彼女を嫌う人はいた。


原題"Shoes to Die for"。
Jaine Austen Mysteriesの4作目。

Step by stepのTabbyさんが、他のJaine Austen Mysteriesのレビューを書いていらして、それを読んで買ってみたの。
ドイツ語版でも読みやすかったです~。
ドイツ語には、あまり訳されておらず、3冊のみ。
「高齢者むけ」とどこかで紹介されていたそうだけれども、私も30代女性向けと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

Der seltsame Fall des Benjamin Button (2008) | Home | ピクミン

コメント

かっこいい~

こんにちはー。
トラックバックありがとうございます♪
Jaine Austen Mysteriesがドイツ語でサクサク読めるなんてかっこいいです!
ドイツ語・英語・日本語と3ヶ国語を操れるってすごい~。

ドイツ語版の表紙いいですね♪
この本の途中でシリーズが中断しているんですが、
再トライしようかな、って気持ちになってきました~。

2010/12/11 (Sat) 12:45 | tabby #YgU84vFo | URL | 編集
tabbyさんへ

いつも面白そうな洋書、参考にさせていただいてますー!
ありがとうございます。

9冊ぐらいでしたっけ?このシリーズでてるんですね。
私、追いかけられるかなぁ。
シリーズも4作ぐらいで完結してくれたら、全部購入っていう気にもなるんですけれどねぇ。
最近のシリーズは長すぎる様に思います。ファンタジーも・・・。

2010/12/12 (Sun) 10:09 | がるっち #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

Shoes to Die for (A Jaine Austen Mystery)(2006/05/06)Laura Levine商品詳細を見る 人が良くって頼まれたことは断れず、特に甘い誘惑に弱く、 後悔するのにクリスピー・クリーム・ドーナツを寝る前に3...

2010.12.20 (Mon) 21:42 | step by step