A Wizard of Earthsea (Earthsea 1) - Ursula K. Le Guin

Ursula K. Le Guin
Spectra Books
発売日:1984-05-01



ゲド戦記シリーズ第1作目。
壮大な世界。
ゲドは生まれながらにしての魔法力の持ち主で、
大変な負けず嫌い。若気の至りで、大地から黒い影を呼び起こしてしまった。
その黒い影に追われ続ける。
彼にはでも心から信頼できる、本当の名前を教えることができる親友がいて、
師匠がいた。支えられながら、黒い影と対峙するための精神力を養い、逆に追いかけた。

いやーこんな話とは思わなかった。
時折詩的な文章。
世界が色鮮やかに描かれている印象。

日本語版:
影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)
「影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)」
 [単行本]
 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン
 出版:岩波書店
 発売日:2009-01-16
 by ええもん屋.com
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋書    ジャンル : 本・雑誌

Comments

わーっ、ゲドだ! 
児童文学(?)のなかで一番好きな作品です。
もちろん日本語で読みましたが^^;翻訳者の清水さんがとても素晴らしいんです。

いつか原書で…と思ってはいますが、挑戦するのが恐ろしくって。。。難しくないですか?
それと、ゲドを読もうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

goldfishさんへ 
> もちろん日本語で読みましたが^^;翻訳者の清水さんがとても素晴らしいんです。

わっ、そうなんですね。
私、実は初めてです。全く知らなかったんです。

> いつか原書で…と思ってはいますが、挑戦するのが恐ろしくって。。。難しくないですか?
> それと、ゲドを読もうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

いや、難しくはないですよ。
名前がまるで上橋菜穂子の守り人シリーズみたいに、よくわかんないのが多くって、
私にはそれが一つ難点ではありましたが。
文体は平易だと思います。形容詞副詞も平易な方じゃないかと感じました。

こちらに来て一度挫折したジブリのゲド戦記をもう一度見たんです。
あらまぁ、なぜあの時は見られなかったんだろう、と感動しました。
(大人にとってはぽにょなんかよりずっと出来のいいアニメだったと思いました。)
あれを見て、原作を知り、読みたくなったんですー。

私買ったのが一番安いバージョン、安いつくりのペーパーバックで、
文字がぎっしりっていう印象がして、なかなか取り掛かれなかったのですが、
読み始めると引き込まれました・・・。

« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login