Barnaby Grimes Der Fluch des Werwolfs

Paul Stewart,Chris Riddell
Bertelsmann Verlag
発売日:2010-08
表紙につられ借りてみた。
これまたシリーズになってる。最近の児童書の流行?!
Barnaby Grimesは、昔のロンドンの様な町で、便利屋をしていた。
ある晩いつものように屋根の上を伝って家に帰ろうとしていたら、大きな犬の様な動物に襲われた。かろうじて殺すことが出来たが一体あの大きさはなんだったのか。
そんな時、怪しげな医者に貧民街へのメッセージのデリバリーを頼まれる。

も少し平和な終わり方とかなかったかなぁ、と。
字の大きさの割りに結構残酷な話かも。


いつものパターンだったら、仲間がいて、平和に終わるんだけれどもー。
一人称の描き方からも一匹狼っぽい雰囲気があり、ちょい寂しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

中央駅開発問題その後 | Home | デター

コメント

コメントの投稿


非公開コメント