The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

中央駅再開発問題


夏休み中はもちろん、6月もだったかな、週に1回デモがずっと続けられてきた。
我が家からは長女が頻繁に参加していた。
私たちはニュースで成り行きを追っていた。
公園には、寝起きするグループそのグループを補佐する人たちも現れ、倒される木に木の家を作る人、
多くの人が守る姿勢を見せた。

が、とうとう明日から伐採が始まるということで、
今日昼から人々の立ち退き、さらに工事現場としての囲い込みを始めるということで、
大変なことになった。

9月30日

1000人前後の警官が登場。すっごい装備で・・・。

9月30日

さらに放水車も。
ラインの前の方では、警官とのもみ合いもあり、警官が自己防衛用に持たされているというペッパースプレーが市民の顔に振りまかれ、催涙スプレーも出たとか。

自己防衛って、そんな・・・。一般市民はただの服。あっちは防御服を着込んでいるのに、警官側になんの防御の必要があるのか全くわからない。一般市民、座り込みか怒鳴るか、ぴーぴー音を鳴らすかの反対運動をするのみで、警官になぐってかかるなどのことはなかったと思う。そういうタイプのデモじゃないので。

前の方から人が真っ赤な顔をして、他の人に付き添われて急いで場を離れていた。
ペパースプレーの被害者は2,300人と言われている。
ひどい、放水車が人に向かって水を放つのもあまりに暴力的と思った。

9月30日

警官がずらり。
Stuttgartはここ数年警官の数を減らしているので、他州からも駆り出されたようだ。

9月30日

木の上にいる人達に向けての放水もあった。
放水車がでかいロボット様に見えた。怖かった。
州知事やお偉いさんはこの街中に住んでいることは絶対にない。
この公園の意義。絶対にわからないだろう。

この州はドイツの中でも税収が高く、ベルリンなどの貧しい州に潤った分を回さなくてはならない。
それが嫌で州内で大きなプロジェクトをおったてた、というわけ。
このプロジェクトのお陰で、沢山の土木産業が10年単位の仕事を約束されているので、
なかなか水に流すということができないらしい。
しかし今からのキャンセル料金の方が、今後かかるであろう資金よりも安いと言われている。
州内政治家の政治生命もかかっているため、
政治家が意固地になっているように思える。

9月30日

この日朝から高校生ぐらいの学生の座り込みもあったのだが、
かなり乱暴に道路から引きはがされたようだ。
デモへの参加は子供から老人までいるのに、放水車での容赦無い放水は、
やりすぎじゃないんだろうか。

私は次女と一緒に行ったのだけれども、2台の放水車に挟まれないように位置を変えつついた。

予算もない、ちゃんとした経費の計算も出来ていない、のにこんな大掛かりの工事を始めちゃうのって、日本だけじゃぁないのだなぁ。

関連日記:
大規模デモ(7月12日)
一体どうるんだろうか。駅再開発(5月12日)
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:ドイツとその他

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

goldfish ⇒ あらら

意外ですね。
ドイツで公園をつぶすなんて。
私のイメージがどんどんつぶれていく。。。

警官のみなさんは、どう思っているんでしょうね。
後ろを向いて市民の味方をしてくれたらいいのに。

  • |2010.10.01
  • |Fri
  • |15:52
  • URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

がるっち ⇒ goldfishさんへ

建前として、駅を地下にもぐらせるのですが、その上に木を5000本植えるとか。
非現実的な発想と思うんですが・・・。水を含んだ土は相当重くなると思うんだけど。
実際、お金使いたくって仕方ないんだな、というプロジェクトで、
迷惑しかこうむらない市民は半数以上が反対しています。

  • |2010.10.01
  • |Fri
  • |21:37
  • |URL
  • EDIT

  • このページのトップへ

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム