Veronika Decides to Die - Paulo Coelho

Paulo Coelho
Thorsons
発売日:2000-08-21

単調な生活に嫌気がさしたVeronikaは自殺を図る。
でも失敗し、目覚めたときには精神病院にいた。
誰でも気持ちがおかしくなるときあるんだ。
Dr Igorの下で、徹底的に神経がおかしくなっていないもの同士、
自分を見つめ合うことになる。
うーん、自殺の動機も他の人の心を閉ざした原因も、
今ひとつ共感をもてなかった。


Paulo Coelho、有名な著者だけど、私一冊も読んだことなかったので、
手にとってその時購入。
しかし、なんだろう、ちょっと単純な気がしてならない。
これ、10代後半20代の女の子が読んだらまた違う感想持つかも。

日本語版:
ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)
「ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)」
 [文庫]
 著者:パウロ コエーリョ
 出版:角川書店
 発売日:2003-04
 by ええもん屋.com
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

今回ゲットした本 | Home | 恒例エルターンアーベント

コメント

コメントの投稿


非公開コメント