五分後の世界 - 村上 龍

すごい世界だ…。これはもし第2次世界大戦末期に日本が本土決戦に臨んでいたら、のパラレルワールドっていうか、違う世界の日本。
途中で日本の歴史が紹介されるが、興味深い。
主体性とアイデンティティがはっきりしている。いまだ戦時中なので、その人々の暮らしに現代日本人が描くようなゆとりは一切ないが、なんて生き生きとしてるんでしょう。村上龍の「半島を出よ」にも共通するメッセージを感じた。


続きも読みたいが、いつ手に入れられるだろうかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 読書メモ | ジャンル: 本・雑誌

あれれ?! | Home | DSDS、また楽しんでます♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント