The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

ピアノの発表会♪


日本のようにどこかの舞台を借りて大掛かりにってんじゃないよ。
素敵な一軒屋にお住まいの生徒さんのお宅で行われた。
白いYAMAHAのピアノが置かれています~。

一度ピアノのお値段検索したことあるんだけど、
ドイツって古いピアノも高いのよね。
その価値が日本ほど下がらないんでは?!
こちらのお宅のもちと古いのだけれども、
やっぱピアノはいいなぁ~~~。

だんなにお願いして、クラヴィノーバを買ってもらったのだけれども、
(最初目当てに行った電子ピアノと一緒にいろんなのが置いてあって、
弾き比べるとやっぱりどうしてもも少しお値段出しても、そっちの方が
よくなった。そういうもんだぁねぇ。)
やっぱね、うーん、そりゃピアノに近いのだけれども、
うーん、違うなぁ。
先生のおうちでピアノを弾くたびに、違うなぁ、と。
ピアノで練習したい。

これまでも何度か音大の留学生が帰国っていうので、
セールの話が回ってきたんだけど、
ちょうど日本里帰りが決まっていたりして、
なかなか都合よく買えなかったのねぇ。

ところで、そう昨晩発表会だったのだ。
補習校が終わって娘と2人ダッシュで行ったのだけど、
バスがちょうど出ちゃったとかで、予定よりも10分は遅れてしまった。
一応それでもProbeをさせてもらった。
私は思っていたよりも、音が出しやすいようでほっとした。
うちの電子ピアノは、鍵盤重いので、かなりの運動になってると思う。
ピアノを弾いて軽く感じるのであった。

こんな状況って大人になって、さらに専業主婦になってあまりない。
幼稚園で年少さんの親初顔合わせかで、輪になって座り自己紹介、
なんてした時も多少どきどきしたんだけれども、
そんな程度のどきどきじゃぁないのね。
きゃーーーーーーもうやっぱやめて帰りたいなど心の中は葛藤。

幸いにも家族やお客さんには背を向けて座って弾くのね。
ほっ。横目に見えるような状態だったらさらに怖かった。
大人は私一人という状態なので、とり…。
ぎゃーーーーーーー。
このどきどきと戦い続けて、他の子、10代の子達の演奏を聞く。
今年はどの曲も知ってるあるいは、弾いたことある曲が多かった。
気を紛らわせるために、深呼吸に集中したり、もー、

私ここまで緊張したの久しぶりー!!!

娘の後姿をみながら、私の緊張が移らないように心の中を無にしようと心がける。
「あぁ、次難しいな」ってその気持が移らないように目線をずらしたり、
いろいろとあほなことをしていた。

緊張なんて知らないだろう、って思ってた娘が緊張したって。
えーーーそうなんだ、彼女でも緊張するのかぁ。
これまでバレエで舞台たくさん立ったじゃん。

「だってバレエはみんながいたもん」
ソロを躍らせてもらえるような年齢には、もうこちらに来てしまっていたので、
一人で舞台には立ってないのね。それでもさぁ、舞台に立つって、すごいと思うよー。

私は幸い心臓はばくばくだけど、指が震えてこなくってよかった。

あっという間に高校生の男の子達も終わってしまい、あたい。
ぎゃーーーーーーー。
仕方あるまい、とっととピアノに行き、構える。
覚えてると思うけど、心の安定剤のために譜面を置いた。だーっと。あはは。
でも実際見ている暇はなかったなあ。
心を落ち着かせるのと、こうしたい、あぁしたいと曲に集中するので。
で、半ば実はどう弾いたか覚えていない、という…。

もっとフォルテッシシモにもって行きたかったところでつっかかったり、
「あっ間違えた、でもみんなこの曲知らないだろうから、大丈夫」と思ったり、

こんな緊張する体験って本当貴重。
終わって何が嬉しかったかって、娘の顔かな♪
娘に褒めてもらえて嬉しかったっす♪♪

Rachmaninov Prelude in C# Minor Op.3 -2

前にも書いたんだけど、これね、私初めて聞いたのは、アメリカのホストファミリー宅にあった
でかいグランドピアノで、ホストファザーが弾いてくれたのね。衝撃的だったの。
これはピアノでないとだめねぇ、電子ピアノのを聞いてて、うちの娘不満げだったんだもの。
それがピアノだと♪

ところで、ピアノって本当意識を集中していないとだめなのね。
「あっ、今ちょっとうまくいった」なんて途中で思おうもんなら、
必ず次ひっかかる。全体的に心を無にし、曲に集中。
なんだかちょっと書道などにも通じるものがあるねえ。
今後も練習に精を出そう♪
そしてピアノ買ってもらうぞー!!
新品はいらない、素敵な中古と出会えますように!!
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:大人のピアノ

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム