The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

半島を出よ (上)(下) - 村上 龍


怖い、カタカナが多い、と一日数ページずつしか読まなかったけど、
最後がどうしても知りたかった。
ようやく読了!

しかしこの本、自分のを買って、怖くって嫌だけど再読しないと、
本当に自分が感じるはずであったところが分からないように思う。

村上 龍
幻冬舎
発売日:2005-03-25

そんじょそこらのホラー映画より怖い。
痛い系の話。

しかし怖かった。
日本人の無気力、防衛本能のなさ、ふわふわ感、ものすごく現実的に描かれた日本を襲う北朝鮮。その国のことよく知られていないだけに、怖い。
彼らの人間の心を持たない行動、拷問、怖い、怖すぎる。

読むのやめようか、と何度も思った。
実際間に数日時間を置いた。
再度言うけど、怖かった。


村上 龍
幻冬舎
発売日:2005-03-25

がーーー時間かかった。
これネタバレなしにどうレビュー書こうか。
のっとられそうな九州。
北朝鮮からは十二万の後方部隊も出発する。
国は相変わらずそんな事態にも関わらず、
何の作戦も持ち合わせず、傍観するに留まる状態でいた。


<追記はネタバレ感想>
実は私、村上龍はこれが初めて。
北朝鮮人の名前がカタカナでずらーーーっと出てきて、一人一人覚える気は最初からまったくなかった。
その時その時で新しい人物像を作る。
人間らしい表情を見せるのはほんの数名なので、問題なし。

しかしね、なんでこう時間がかかったかって、カタカナの多さも要因なんだけれども、
さまざまなオタクが揃う中、その一つ一つの分野の小難しい単語たち!
専門書を読むかのような描写も多く、いやはや、参った。
しかしそのオタクたちが、国のため、じゃないし、家族のため、でもなく、
面白そうじゃん、やれそうじゃん!っていうのりで救ってくれたことになるんだなあ。

クラスの中の一人KY、いい子ぶりっ子ちゃんの裏切り行為で、
はちゃめちゃになったけれども、
あれはあれで、話を頂点を付き越えるほど盛り上げる要因となった。

これはまだ民主党政権が誕生していない時発売なのに、
こんなふにゃふにゃな政権の誕生を見透かしていたかのような内容。
フィクションだから、って片付けられない部分がある。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリー:本:読書感想文

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム