久しぶりグリューワインのカップ

これまでのグリューワインのカップの話は、
見つけられた分はこちら。

週末ももう終わりかぁ~ 2005/12/05
エスリンゲン 2005/12/13
Mannheimのお土産 2006/12/14

まだ他にもカップあるけど、いつゲットしたかの記事が探せない~、ので
とりあえず上記のみ。

今年は久しぶりに他の町にもいけた!
今年のうちの町のは、

2009年1

これとこれの赤版。
赤版はすでに持っているので、わざわざ「白色のを!!」ってお願いしたら、
屋台のおばちゃんがわざわざきれいなカップを選んでくれたの♪

2009年2-2

うちの町はクリスマスマーケットの規模が大きいほうで、スケートリンクも設置される。
スケートリンクは11月頭にはすでにオープンで、その周辺の屋台もすでにオープンし、
グリューワインを楽しめるのだ。
今年のはこんなの。

2009年2

以上は別々の日にゲットしたもので、
昨日はハイデルベルクまで行って来て、ゲットしてきた~!

2009年ハイデルベルク

2009年ハイデルベルク2

かわいぃ!!
もう一種は見たことあるようなのだったので、これのみを購入。
購入っていうか、カップだけ買うことも出来るし、
グリューワインを頼んだとき。カップ代も一緒に払うので、飲み終わってそのまま持ってくるのもよし、
ちゃんと屋台に戻してカップ代を受け取るのもよし、というわけで、
私は飲んでそのまんまかばんの中にしまったと。

ハイデルベルクは日本からの観光客が今もまだ多いところなんだけれども、
そもそも大学の町。
Weinachtsmarkt(クリスマスマーケット)の規模は小さく、あっという間に
回れてしまい、ここまで来たついでに、マンハイムまで足を伸ばすことに。

マンハイムは以前だんながお土産で持って帰ってくれたカップに感動したものでしたから、
今回も期待♪(上記リンク参照。)

2009年マンハイム1

ところがぁ、こういうのって毎年のことじゃないのかしらね。
うちがすでに持っているようなタイプとこれしかなかった。

2009年マンハイム2

素焼き風のカップで、もち手なし。

マンハイムのWeinachtsmarktは市内のWasserturmのところをぐるりと開かれており、
大きいように見えたけど、それほどでもなかったのかな。
ハイデルベルクよりもお店の種類が多く、楽しめた。
それにまた太陽が出ているときに行って見たいと、暗闇に浮かぶ建物を見ながら思った。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

yukaです #-

素敵なカップ

どれも味わい深い柄で、お茶の時間は気分を変えて楽しめますね。
特にスケートのは、赤いグリューワインも映えますし、キ~ンと冷たいビールも美味しそう♪
ただ、どれもサイズが大きそう~片付け場所の確保はどうしていますか?

2009/12/24 (Thu) 06:13 | URL | 編集 | 返信
tyobimama #dAL7rdlc

あら~可愛らしいカップですね♪
黄緑のカップにオレンジの持ち手なんて色合いは中々斬新な感じで、思わず手に取りたくなります。
以前のものも素敵で、がるっちさんちの棚にはこんな可愛らしいカップがディスプレイされているんでしょうね。

素焼きのカップはカフェオレカップのような感じですかね。
サラダボウルにしても良さそう(^^)

2009/12/24 (Thu) 14:03 | URL | 編集 | 返信
がるっち #-

Yukaさんへ

そうなんです!保管場所が問題で。
オーソドックスな形のは年中コーヒーカップとしても使うのですが、
大抵12月ごろまでしまわれています。
並べて眺めて楽しみたいので、飾り棚が欲しいと思っています。

2009/12/27 (Sun) 22:21 | URL | 編集 | 返信
がるっち #-

tyobimama さんへ

グリューワインが飲めなかった頃はカップだけ欲しいので、
寒い中クリスマスマーケットがんばって歩きましたが、
グリューワインがおいしいと思い始めて、
カップ探しの楽しみが増えました。
お店ごとにそのミックス具合がちょっとずつ違っておいしいのです。
が、私は2杯でもうお腹いっぱいです…。

2009/12/27 (Sun) 22:24 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント