The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

ドイツとその他

CATEGORY

  • このページのトップへ

ドイツでのバイト募集について


ドイツって本当日本に比べたらシステムがしっかりしてて、税金などから逃れられないようにできているけど、雇用者はそこをなんとか逃れようとするのが人情(?)なので、被雇用者は自分の権利を守るためにもドイツの法律知らないであろう日本から来た人には、気を付けてほしいなーって思うので書いてみよっかな、と。

バイト募集を見ていると、「社会保障あり」と書いてある。
ここポイント。

ドイツでは、月に450ユーロ以上のバイト、は、社会保険の支払い義務が被雇用者、雇用者両者にフルではないけれども、発生する。

最低賃金 Mindestlohn(これも法律で決まっていて、8.84Euro/hour (01.2017)、下回ってはならない。

こう決まってるので、じゃー計算してみよう。

月450ユーロまでのバイトをミニジョブっていうんだけど、最低賃金で計算して働ける月の時間は、50.90時間、を週に計算すると週7時間半ぐらい「しか」働いてはいけない。(つまりほとんど働けない・・・。)

ミディジョブと呼ばれるくくり、月850ユーロのバイトってなると、結構働ける。月96.15時間、週に換算すると13.73時間。ね。でもここは月の収入高により、社会保険の負担が両者ともにかかるからね。あんなに働いたのに、えっ、みたいなことになるかも。とにかく社会保険、高いんで、ドイツ。

で、どういう風にブラックなことを雇用者はするのか、っていうと、月450ユーロ分の申告にしておいて、それ以上を現金支給、つまりチップ扱いで渡すらしい。

もらえるならいいじゃん、って若い人いうかもしんないけど、それは違う。社会はそういう風にはできていない。

もしあなたがそのブラックのバイト1年もしたとするじゃない。すると本来ならば、あなたは社会保険も1年払ってたことになるので、1年後失業したとしたら、失業保険がもらえるし、失業保険を払っていたものの恩恵をある程度あずかれるわけ。(Arbeitsargenturより、さらにスキルアップの学校にただでいかせてもらえたり。若い人への援助は中年なんかに比べたらでかいのだ。)

日本風に年収いくらまでオッケーだから、どうせ、自己申告制だから、と日本の慣習を持ち込んで自分の権利をないがしろにしないように。
スポンサーサイト

カテゴリー:ドイツとその他

今年のおせち


おせち 

栗きんとん
かまぼこ(これは市販品、北海水産で)
黒豆(これは、市販品、アジアショップで)
だし卵(はんぺん、手に入らず伊達巻作れず)
牛肉の八幡巻もどき(薄切り肉、Feuertopf(火鍋)のを使ったからぺらっぺら)
ローストビーフ、
しいたけの含め煮
がんも(食べたかったから・・・)
筑前煮風
セロリととうがらしの昆布茶和え(これ、おいしい、今2回目作ってる)

昨日までバイトだったので、今朝早起きして、買い物行った。今日は、でかいスーパー7時から16時までだって。
花火がなる前に帰ってきたい、って思ったんだー。
でもなんか、町中今年は花火禁止みたい・・・。
ここらは、4時ぐらいから爆竹なってるけど。
花火がないとちょっとピンとこないよね。

カテゴリー:ドイツとその他

国民性


いまちょっとバイトに出てるんだけど、そこでの観察。
その人の日本人度がよく分かる。

ゆとりですが、なにか、じゃないけど、ゆとりの世代の子は一体何を考えているのか分からない。嫌な顔もしない、いい顔もしない、能面というか、なんというか。想像力がないのは、働き方を見ていて分かる。
日本に興味があって、日本にも留学したことあっても、日本語を話すために印象を与えるその日本ぽさとかはフェイクというか、表面的でしかないってよく分かる。もちろん生まれ育った家庭の文化慣習のほうが当然強いのだから、言葉の端はしにその文化が現れて、それが日本語で話されるとむかつく。何を分かったような口を利いてと。ドイツなわけだから、ドイツらしく、他人の失敗を強調するのも上手で嫌気が差す。

反面教師、他人のふりみて我がふり直せ、などまったくこれまで念頭においてこなかった人というのも多いのが分かる。

そしてそんな中にいて、自分がストレスあまり感じないように、許容範囲を決められる自分がいるのにも驚いた。だてに年取ってないし、だてにここに長いわけじゃない。

カテゴリー:ドイツとその他

がっかり・・・


今日、ユンディ・リのコンサート行ってきたけど、驚いた。(顔が全然違ってた。いや、かわいくなってよかったじゃん、って思うけどさ。)

80%は中国人。ものすごい異世界。
もーうるさいんだわ。
コンサートなのに、3、4歳のガキ来てるんだけど・・・。

あまりの騒騒しさにこれ大丈夫かなぁ、ってちょっと心配に。

今日の曲目はショパンのバラード4曲が私の目当て。
でもさーーー、もーーーー、みんなちゃんと開始の時間チェックしてきてよーーー。
ぱらぱら、ぱらぱら、バラード1番が始まっても人が入ってくる。
なんなの、この人たち?

途中ガキがしゃべるわ、携帯なるわ。

そしてユンディさん、あまりにおうち的な演奏。本当にお金取るために練習してきた?
彼は左利きなの?(えっとプロには関係ないって思ってたけど)、右が弱い!!なんなの?

中国人相手のコンサートが彼をだめにしたんでは?
バラード4番、途中で大拍手。

えーーー、全体的に崩壊してる、まるで素人さんの演奏に聞こえた。

曲目もおかしくない?前半バラード4曲、後半プレシュード、ぶっとおしで28曲。
これが中国流なの?
プレリュード、何番がって数えてなかったのでいえないんだけど、忘れちゃったのかな、ごまかして次に行ってた。

休憩中、まさかの子供たちがスナック菓子を手に走り回ってる状態を見て、二度と中国人が集まりそうなコンサートには行かないと心に決めた。

そして極めつけ、ぺらがみのプログラムが2ユーロ。
記念にいつも買ってるので買って席に戻ると、中国人が何事かを話しながら近寄ってきて、
中国語話さないから、と返すと、
プログラムを指指すので、

出口に売ってますよ、と言うと、

見たいだけなんです。ちょっと見せてもらえませんか?とドイツ語で。

見せてやると、なんとにこにこと、すみません、中国人かと思っちゃって、なんてしゃべりながら、パシャリと携帯で写真に取ってた。

えーーー!!さらに、演奏中フラッシュは当然、録画も当然。

信じられないマナーのなさ。
すごすぎるよ。

カテゴリー:ドイツとその他

ちょっと冒険


昨晩フライブルクまで片道200キロ、平均時速125ぐらいで行ってきた。
なんのために、って、キーシンがフライブルクの音楽大学のフェスティバルに呼ばれて弾くということで。

小さな細長めのホールは、ピアノの音、息遣い、うなり声も聞こえるぐらいで大変楽しめた。

素人の耳に彼の音はあまりに悲しく聞こえた。高音の響き軽やかで水が滴るようなんだけど、きらびやかさはそこに聞こえない?!というか、なんというか。小さいころから舞台に立つ天才って凡人にはわからない苦悩があるんだろうな。

曲はベートーベンの熱情以外は、ちょいっと地味目に感じた。後半のアイザック・アルベニーズの曲も情熱的なはずなんだけど、物悲しさのほうが際立つというか、なんというか・・・。

でもみぃんなキーシンの音に吸い込まれていたのは確かでしょう。

往復400キロの道のり、すんごい疲れたけれど、たまにはこんなのしようっと!

カテゴリー:ドイツとその他

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム