うちのジェットくん

ジェットくん

わかるかなぁ、真ん中のかごの上のほうのクリーム色の物体。
これがジェットくんです。
いっつも端っこの端っこにへばりついてるので、いっつもおっぽがぼさぼさ。

じぇっちゃんは、2011年10月に我が家に来た。当時生後3か月ぐらいだった。もう我が家にはだから、6年と3か月いるんだけれども、もともとが緊張しい、怖がりで、今は年齢のせいもあってか、ひどいときはてんかんのような症状を出す。から、近寄れない。かごを掃除するのも決死の覚悟。
昔はかごに近づくだけで、ばたばたかごを飛び回り大変な状態になったけれど、今は身を細くしてこちらの様子をうかがう、ぐらいになった。←進歩、あー進歩といえば、ようやく寝るときにむっちょん体をリラックスさせるときがあるようになった。よかったなぁ。

かごを違う場所に移すだけで、体が固まってしまうので危険なため、なるべく場所を動かさず、音を出さずすばやく掃除しなくっちゃいけない。

前回実はかごを床に置いて、かごをおいてあった場所とか掃除してたら、ジェットくん一人でからだがマヒしちゃったかのような状態になってしまってた。同じかごのたむちゃんはとっととかごから脱出し、安全なところに行くけれど、ジェットくん、飛べるのに怖がりなので、かごから出られない。

ジェット君、本当こまったなぁ。

先ほどかごの下の部分だけ下に置いて、上の部分だけ元の場所に移したが、高さが違う。それだけでマヒ。場所が変わってないから、数分かからずに動けるようになったけれども。

ジェットくん、静かにおじいちゃんになりつつあるけれど、なんだかなぁ、彼が少しでも平穏に過ごせるように、なるべく近づかないようにしてる。水を変えるときもびっくりさせないように、声をかけて。
餌を変えるときも声をかけつつ、ジェットくんに気づかないふりをして。

個性あるんですよー鳥にも。彼はアルビノシナモンなので、きっと無理な繁殖の影響もあるんではって思ってる。
スポンサーサイト

再びおうちに

遺灰

みんなの灰を引き取りに行ってきました。
ようやく天に返してあげられたような気がします。
次は灰も土に反してあげようと思ってます。

鳥ちゃんたち&ハムのお葬式

うちの周りに緑があるようでいてなく、森も少し遠い。

ドイツでは、日本でも?ペットの亡骸を勝手に埋めてはいけない。
自分の敷地内の野菜など植えてある畑から離れたところならば埋めても大丈夫。
悲しいかなアパート住まいにはそんな自由になる土地がなく、ひっそり埋めてしまおうか、埋めるならばお参りに行けるところがいいなぁ、などと思っているうちに月日が経ってしまった。

うちで生まれ育った子たちが多く大体女の子たちは同じ時期にお★さまに。
(みっちゃんは卵管脱でだったけれども。)
来春引っ越しを控えて、みんなを土に返す方法を探した。

ペットの墓地はある。あるんだけれども、やっぱ土地を借りることになるので、大変高い。
うちは頭数がいるので少し難しかった。
ペットのお葬式屋さんのサイトをみていると荼毘に付した灰は森に撒いてもいいということがわかった。

今日、これからみんなのお葬式を行いにいってくる。
ようやく解放してあげられるのがうれしい。



さよならのびたん

うちで生まれ育った、手乗りののびるが、2017年8月19日お星さまになりました。

赤ちゃんののびたん

のびは、2009年11月に、しょうくんとチョコちゃんの元に生まれた。
すっごく人見知りする感じで、この子手乗りにすべく取り出していなかったら、ぜったいに近寄ってこなかったと思う。

おこちゃまなのびたん 

このころは、やんちゃ盛りで、あまがみがぜんぜん”あま”じゃなく、本気つつきに本気かみ。手が赤くなったよ・・・。でもつんでれの姫。かわいいのだ。

最近ののびるととむちゃん 

これ時間がとんで最近。
のびがまず私のところにくるととむちゃんも来る。
とむちゃんが先にくると、のびはとむをどかして自分が座る。
お母さんはのびるのもの!って感じだった。
のびはこの写真では、左。

DSC_0039_1.jpg 

のびの定位置。

DSC05570.jpg 

これは2,3年前ののびりん。みっちゃんが美少女、もとい美鳥ならば、のびるはちょいっとあれだったけれども、とてもしっかりした個を持った子だった。選ばれた私は大変幸運でした。

DSC_0072.jpg 

これもちょいっと前だな。まだここちゃんがいるし。

最近ののびるは、相変わらず巣作りごっこをしていたんだけれども、やめさせて閉じ込めて栄養取るのに専念させればよかった。卵をたくさん産む子ではなかったけれど、ちょっと色が褪せてきたのが年齢を思わせていたから。

のびるん。
のびは、この夏、暑かったり涼しかったりと波のある気候がこたえたんだろうか。
大好きだったよ。のびたん。
またあごの下をつんして、お水ほしい、って言ってほしいよ。
とむぴょんは、のびがいなくなったから、鳴き方が変わってしまったよ。
半分怒ってるかのようにぴゅるるる、っと鳴くといってます。

キッチンにきても、のびを呼んでもこないので、のびがいないので、安心せずすぐに探しに行ってしまう。

のびたーん、大好きだったよ。うちに来てくれてありがとうね。

ここちゃん

2017年2月7日朝お★さまになってしまったここちゃんを発見。
ここんところ、オレンジ色だったあんよとくちばしが色あせていたんだよ。黄色みが強くなってた。
私のところに来ても、寝てばっかり。
あまり距離を飛べなくなってた。
でも相変わらず、出せばまとわりついてくるかわいいここちゃんだった。

DSC04955.jpg
毛虫状態から脱出した二人。左ここ、右きき。私があごをベットにおけば、あごの下にてててときた。もーかわいかったなぁ。

DSC_0040_1.jpg 

いっつも周りにいて、小さいので気に掛けなくっちゃいけないから、おうちに帰ってもらうこともあったなぁ。

DSC_0324.jpg 

ほんと去年の暮からは出ても私のところで寝てるばかりだったの。
羽もばたばたした感じで、しゅっとしていなかった。
年齢が如実に表れていたんだぁ・・・。

ここちゃん、もーつぶらな瞳がとにかくかわいくって、ピアノを弾いていれば、鍵盤にとまって待ってる(つか、弾けないからやめることになる)し、パソコンしてれば、暖かいからそこに座っちゃうし、もー本当かわいかった。
ききに追い回されて助けてききを追い払うことも多かった。

女の子はやっぱり卵を産むので、命を削ってることになるんだなぁ。

ここりん、いまも信じられないよ。


« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター


Archive RSS Login