The storm beneath my wings

がるっちの好きな映画、本など趣味をつめこもうかな♪ 時々鳥ちゃんズも。

全エントリー

CATEGORY

  • このページのトップへ

少し落ち着いたところで


この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

カテゴリー:全エントリー

ドイツを快適に旅行するために <追記あり>


最近よくドイチェバーンを使ってて思うことで、全く知らない人が知ってたら少しは快適な旅行に役立つかもっていうことを書こうと思う。

よく聞かれることと思うけど、日本の交通網っていうのは、非常に発達していて、あんなに時間ぴったりによくまー制御できるものだ、とあれは、もうミラクルだと思ったほうがいい。あれを日常的にやってる人にはミラクルに感じることできないかもしんないけど、ドイツに来たら、まず時刻表の5分以内に来たら、いつも通り、と思うのがこちらの常識。10分、まーーーありうる。ありうるけど、次に乗り換えがある場合、自分でいろいろと別の手段を考えるべき。

あやまる?最近のDBや町の交通網では、遅れてすみまっせーーーん、みたいな放送は入るよ。だけど、不可抗力の事態で、みたいな一言入ったら仕方ないじゃん。

ドイツの旅行は、電車使う場合、早めの行動を!

自分の乗る予定の電車がホームに入ってくるまで電光掲示板の近くにいて、いつでもほかのホームに移動できるようにしておくといいかも。

今日ミュンヘン行待ってたら、いつまでも先先発の19分発のミュンヘン行ICE(私は早め早めのスタンバイだから、38分発のミュンヘン行を待ってた)がホームに止まってる。これ、どうしたんだろうなぁ、って思ってたら、案の定案内が入って、私の38分発は別のホームから出るって。英語の放送・・・あったかなぁ・・・。
旅行者は、自分が乗るはずのものを待ってると思しき人の動きに注意!!待ってた人たちに動きがあったら、すぐに聞いて!!

ホームを移動して、電車が発車まで5分となかったからね、この場合・・・。
本当に旅行者には不親切と思うんだけど、DBも結構努力はしてて、あちらこちらに職員を立たせて、客の質問に答えられるようにはしてる。おかしい、と思ったらすぐに質問を!

少し前ベルリンに行ったときは、ここにも書いたけど、3時間以上遅れ・・・。電車の中で、乗り
換えの案内(乗り継ぎには間に合わないからってことで)があったけど、あれも英語であったかなぁ・・・。旅行者は、駅でのあの、聞き取りにくい反響するアナウンスで聞き取るしかない。ホームでのアナウンスでは、英語も一応やってた。(なぜならその時は、フランクフルト空港行でなくなったから!!)
あるんだよー、ドイツでは、普通に。どきどきするよねぇ。

ちょうどこの行程に乗り合わせた香港人かな、の家族のお父さん、必死に情報集めていたよ。(こんときは、とつぜん、ある駅で、みなさん、降りてくださーい!!ってなって、それ以降の情報全然なかったからな・・・。)

もしICEなどに遅延があって、代替便へ乗り換え、あるいは遅延が大きい場合、座席の予約は無効になってしまうので、注意!
予約が有効な場合、荷物置きのところにどこからどこまでという予約表示がされているから。

遅延3時間以上だと(ほかにくくりあった気もするけど)、半額電車賃がかえってくる。そのためには、3時間以上遅れると認定した駅で駅員から、遅れましたという認定印を書類にもらう必要がある。DBの職員が封筒を突如配り始めるので、それを自分のチケットを見せて絶対ゲットすべし。後日自分の口座に振り込まれる。

座席の予約も、人数が多い場合、テーブル席に座りたい場合、子連れ(複数)の場合、絶対座りたいときなど以外では、いらないかも。二人ぐらいだったら、たいてい座れるー。※ 学校の休み、夏、大きな町で行われる見本市があるとき、DBが安いチケットを販売したとき、120%以上の乗車率になることもあるので、やっぱ座りたかったら取るべし・・・。残念ながら。

一応必ずアナウンスは流れるので、もし、予約した電車に乗れなかった場合には、周りに聞くといいでしょう。

乗れたとしても途中で、故障のため、降りてください、みたいなこともあんだけど・・・。
ドイツって本当冒険の旅行に向いてるかも・・・(*´∀`)

カテゴリー:全エントリー

DBへのむかつき度を減らすために


先日、ベルリンへDB(Deutsche Bahn、ドイチェバーン、ドイツの国鉄)を使って行ったんだけれども、いやーーーーー大変でした。

学生時代とは大違いで、早め、早めがモットーの私。中央駅にはかなりの余裕を持って到着。雑誌も買って機嫌よくホームに立ってまっていると、ICE30分ぐらい遅れて到着する模様との案内。えーーーーー。どうしようかな。その待ち時間に座席の予約してこようかな、どうしようかな。
さらに、遅れて到着するICEは、フランクフルト空港には止まりません、との案内。(ドイツ語で・・・。)わおっ。どうすんだよ、旅行者。

遅れてきたICEに乗り込むと、一両の80%がフランクフルト空港までの座席予約が入っていて、でもこの電車はそこに止まらないので、がら空き。結局悠々と座ることができた。

ようやく出発、とゆっくりしているとまた案内。ベルリン行きのお客様はハノーバー乗換えには間に合わないので、フランクフルト中央駅にて、臨時電車に乗り換えてください、との案内。
もー仕方あるまい。ハノーバーで迷っても困るしな。

フランクフルト駅にて待つことまた20分ぐらい。アナウンスが時折しかなく、ホームにいたDBの職員に聞くと、遅れてるけど、このホームに来ます、とのこと。もう待つの慣れたよ。ドイツに長くいるとまず慣れるのがわけも分からず待つこと。

ま、ともかく待ってたら臨時列車が来たので乗ると、ギューギューづめに。私は独り身のため、座れたんだけれども、暑いしもー。学生たちが、どうやら前のほうの車両はがら空きであるらしい、と話していて、スーツケースを抱えて移動していった。かわいそうなのは、たぶんベルリンに修学旅行か、移動教室で行く学生のみならず、旅行者!ドイツ語ができないからすごく不安そうに、うろちょろしてた。(まわって来たDB職員がこれまた、英語は少ししかできない、と拒絶気味だったし・・・。)

次の待ち時間はKasselで起きた。
一時停車にしては随分と長い時間止まっていた電車。ホームを職員が走り回ってる。そして、

Alle hier aussteigen! (アレ ヒア アウスシュタイゲン)って叫び始めて、あぁ、なんだなんだ・・・。臨時電車がふるーーいもので、スピードにも問題があったようで、ちょうどあと30分ぐらい待つとベルリン行きのICEがくるのでそれに乗り換えろとのこと。

笑っちゃうのがさー、ホームに張ってある到着列車の方面や時間のリストにホーム8って書いてあったから、それじゃー場所移動しなくちゃと移動するために階段を上って、そこにも同じリストが張ってあったので確認するとホーム3って書いてある・・・。おやおや。これはベルリンに向かっているとみなされるみんなと一緒に行動したほうがいいな。

DBの職員に確認すると、無料で水を配っていたのでもらえたが、彼らが移動しているわけではないので、私は偶然無料の水をゲットできたわけ・・・。

引き続き待っていると、DBの職員が書類の入った封筒を配り始めた。とうとう遅延2時間以上決定のためですよ。ちゃんと2時間以上遅延のはんこをおしてもらって、書類をゲット。

この書類を提出するために必要なのが、最初に遅れたところはどこだったか、と最終目的地に結果着いたのは何時だったか、あるいは最終目的地に到着できたか、代わりの手段を使った場合は、そのチケット類。

遅延2時間以上(正確に言えば3時間)で、支払った切符代の半額が払い戻される予定。

このエントリーは12日。手紙を投函したのも先週。
今日は17日。私、この事務処理の早さにびっくりしています!

カテゴリー:全エントリー

ベルリン、ベルリン、ベルリン


娘に会いに、パート先がお休みな今行って来た。
最後に行ったのって、いつだったかなぁ・・・。検索してみたら、2010年の夏だった!わおっ。(以前の日記。

当時も変わり具合にびっくりしていたようだったけど、今回はもっと変わっていた。
ベルリンもーいたるところが工事中。

今回はね、とにかく歩き回ってベルリンを堪能。電車は一日チケット7ユーロを買って、乗りまくった。
すごいよーベルリン市内、公共交通網が発達していて、少し歩けばまた違うラインの停留所があって、ほんと苦労しない。

ベル2 

まずはラーメン屋さんだ!Cocolo X-berg。もーさ、ほんとここ外国だーって思ったよ。Kottbusser Torから歩いていく道、StuttのBad Cannstattみたいだーって思った。ドイツじゃないね、ほんと。
夜は歩きたくなさそう・・・だけど、このCocoloのあるとおりは、おしゃれな雰囲気だったなぁ。スープもおいしいラーメン、ワンタンをチョイス。具沢山のワンタン、おいしかったっす!

ベル 

匠 NINEにも行ったのだよー。夕方のオープンすぐに入って、ゆず塩ラーメンを堪能。こんなあっさりスープ、いくらでも飲めちゃう(不健康ではあるけれども)。おいしかったなぁ!

ベル5 

あとはぁ、ベトナムの店、やっぱりたくさんあるねー。もしベルリンに住んだら、もーどうしよう、私。自分の好きなベトナムのレストランを見つけるのがまずは日課になりそうだよ。

一人で、以前いたことある通りを尋ねてみた。
ベル3 

もう全然雰囲気は違う。どのアパートも外観リノベーションして、きれいになっていて、どれにいたかなんかも全然分からなかった。この通り名、発音難しくって苦労したんだ。
いい具合におなかすいて、お昼は一人で、その通り近くのベトナムへ。

ベル4 

Pho-Vietがネットで検索したらすぐ近くだったので行ってみた。やる気のないおねーちゃんが電話でお友達か親戚かくっちゃべりながら対応してくれた。いつもの、Bun Chaではなくって、揚げ春巻きがのったものだけれども、おいしかったよ♪人寄せパンダのような私?私が食べ終わる頃には次から次へと人が入ってきた。

昔いたBoddinstr.の周りは今はものすごい外国人街になっていた。おいしかったケバブの移動販売車、見つけられなかったけど、その代わりケバブ屋はたくさんあった。

また別の日には昼過ぎに日本人の美容院、Ticro.de (http://webgram.co/ticro.de)に予約を入れておいたので、そこらへんでうろちょろ。まずはユニクロいって、下着をチェックして♪美容院のそばでご飯にすっかーと、近くまでいくと、おっ!その名もPHOというベトナム屋が。すごい混みよう!

ベルリン9

お野菜たっぷり入った、ライスヌードルのもの。ちょっとピリ辛でおいしかった。
美容院、南の太陽がさんさんと降り注いていたので、これは中暑いのか?と躊躇したけれど、なんのなんの。裏のドアを開け放してあって、風が通ってすずしーーー!日本語が通じる美容院、丁寧なシャンプー、シャンプー後の熱いお絞りを首に当ててくれたり、頭にマッサージしてくれたり・・・、感動!してほしかったように髪型を作ってもらえてこれまた感動!!また行く!

ベルリン6

最後の日は、娘がTempelhofの、元空港跡地のがらーーんとひろーーーい多目的広場(?)に連れていってくれた。お母さん、自転車は気持ちいいから、乗れ!と。
滑走路がまだ残されているので、ひたすら滑走路を走る・・・。すごい距離だ・・・。
いいなぁ、こんなところが市内にあって!

バーベキュー広場、子供たちの遊具広場、ドッグランは各コーナーに、鳥の保護区域、などなど。こんなところあったらいいよなぁ。それも無料。娘によると、キックボードやスケボ、ローラーシューズなど貸し出されているそうだ。

ベルリン、なんだか町なのに緑がたくさん残ってて、鳥の鳴き声はすごいし、待ち行く人はなんだか笑顔だし(天気良かった、っていうのもあるかもしんないけど)、雰囲気がStuttgartとは違ってものすごく魅力的。とにかく広いよ。都会だよやっぱりベルリン。

カテゴリー:全エントリー

Turandot in Stuttgart


パンフレット、私の前の人でラスト売り切れで買えなかったーーー。あーーー残念。欲しかった。

もーやっぱりプッチーニ、すばらしい。こう人間の心を煽るようなメロディが上手。
有名なアリアも、歌手たちがみなすばらしくって、涙出ちゃったよ。
あーーもっと聞いていたかった。

配役などは下記。
(konzertante Aufführung。パーカッション8名も。豪華なオーケストラで、聞く楽しさもあった。)

カテゴリー:全エントリー

RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム