引っ越しももうすぐ完了!

2018.05.22 04:21|ドイツその他諸々日記
部屋は空っぽ、今日は床の掃除、風呂と洗面所の掃除をしてきた。
末っ子が手伝ってくれてとっても助かった。
腰がいたくなかったら、手で床はごしごししたいのだけれどもねー。ちょっと疲れが出てきちゃったよ。

地下もあとはもうゴミみたいなものだけ。
小さなものが多く、2、3回のトランスポートで終わりそう。
金曜には管理会社に連絡できるといいなって思ってる。

あーーー長かった。
一時は本当にできるだろうか、ってとっても不安だった。
けれども、できたよ。

まーさ、粗大ごみの日に出すべきものはほかにもまだあったけれども、まーいいや。ここで粗大ごみの手続きすればいいから。

大丈夫、大丈夫。
スポンサーサイト

キンドルについて

2018.05.20 16:47|ドイツその他諸々日記
Kindle 海外:なぜ、日本語kindle本は海外から買えないのか

2016年の記事。ものすごく詳しく書いてある。
ほしい本はASINでコードを検索、自分とこのアマゾンストアでそのコードで検索。売ってるかもしんない、とのこと。

ふむふむ。
でも残念なことに、壁の高さに敗れました、IPをごまかしたりしてまで、昨今、そこまでして買いたいと思わなくなってきてしまったよ。きっと新刊本は、こっちでは取り扱いがないのだろうし、という先入観。

ほしい本があったらやってみようか・・・。

親による子供の誘拐

2018.05.20 15:48|ドイツその他諸々日記
確か私も、子供たちがまだ小さかった時、子供たちを連れて日本へ帰るとき、夫のサインをもらっていたように思う。

フィングステンの長い休暇に入ったこの州で金曜日、空港で騒動があったようだ。

母親らしき女性と女の子がトルコ・アンカラ行の飛行機に乗るため、パスポートチェックを通ろうとした。警官が、父親はどこか、と聞くといないという。父親の了解は得ているのか、と聞くと、得ているというが、父親のサインは提示できなかったし、帰りのチケットもなかった。

父親に電話するよう指示すると、電話しても出ないというが、その電話番号は実は偽物だった。ここで母親が観念して、父親には知らせていない、と伝えた。

警官は父親に連絡を取ると娘を飛行機に乗せないでくれ、といい、父親は慌てて空港にやってきて、娘と再会できると非常に安心した感じだったとか。

離婚準備のため別居中で、子供の養育権は二人で持っていた。
つまりそうすると、母親が子供を勝手に自国に連れ帰ることはできないのね。この母親が刑罰をうけるのかどうかは、まだ父親が考える時間をほしいということで、決まっていないそうだ。

日本は2014年にようやっとハーグ条約に加盟したが、日本は条約「不履行国」のレッテルを貼られた。安易な国際結婚の増加に伴う国際離婚増加で、国際結婚による子供が増えているが、海外生活、国際結婚に夢破れたりの母親が生活のしやすい日本に帰る際に、子供とは別れたくないから、連れ去るわけだけれども、これには父親のサインが必要。

思うに、別に父親だって、そんな子供に愛着がある人ばっかりじゃないと思う。ただ母親への嫌がらせでそういうことする人もいるんじゃないかって思うけれどもね。

ハーグ条約への加盟後44%も連れ去り事件は減ったそうだし、22%の連れ去り案件が解決しているそうだ。少しは意味があったと思うんだけれども、あとはやっぱさ、国際結婚する日本人がもう少し覚悟を決めるべきだと思う。

人間の心なんかいっくらでも書き換えられるし、古びていくものだし、夢や理想だけでは生活していけないわけでね。そこの国で自分が何をし、自分がどう自立していくのか、まず考えないといけないのと、先日も22歳で国際結婚してこっち来ましたなんていう例を聞いたけど、この子供の親も安易に国際結婚をさせるべきじゃない、と思う。経済的に将来支えていくつもりならば話は別だけれども。この22歳の場合、もちろん親まだ現役で働いてるんだろうから、きっと「ハーフの孫」を楽しみにして、後々のことを考えていないんだろうなー。

日本は戸籍がある関係で単独親権制をとっており、非親権保持の片親は突如他人扱いになってしまう。それを利用して、母親が子供たちを引き連れてドイツに来て数年で新しい「ハーフ」の子供を作り、また日本へ帰っていく例も見てきた。ドイツ人男性と結婚のため渡独するが寄宿制の学校はあるか、なんて問い合わせるバカ女もいた。ならなぜ親権取ったんだ。
 ドイツでは離婚の際、16までの子供の親権は両親ともに持つが、父親と暮らす子供も増えてきているそうだ。「父親にもできる」という意識が広がってきているそうだ。日本人母親のこの自分さえよければで子供たちを海をまたいで振り回す様子を垣間見ると、日本の父親ももう少し権利を主張すべきだと思うけれども、日本ってやっぱロリコン思想っていうかな、若い女房をもらいたい、っていうのがあるから、男側の問題もあるんだろうなー。

伝聞調で書いたもののほかは私の意見で、個人的な問題もあり、偏ってるかもしんないけれども、でも日本女性がちょろいと思われている風潮はすごく見えるので、憂慮している。とりあえず状況が見えるまでは、避妊だけは前夫との子供の手前、本人が責任をもってしてほしいなーと思う。20そこそこの子供を国際結婚許すのならば、日本の場合20ってまだまだ子供だから、ちゃんと避妊だけは教えたほうがいいと思ってる。




うちのジェットくん

2018.05.17 01:37|うちの鳥ちゃんズ
鳥ちゃんたちがいる部屋は西向きで、ここんとこ突然天気の悪い肌寒い毎日で、日照時間が本当に少ない。
西日をあてにすることもできず、さきほど少し明るかったから、たむちゃんたちのかごを窓際に移動させて、太陽に当ててみた。

私がそばにいると怖いかなって思って離れた。
数分も経つ前に、どうかな、大丈夫かなとみると、ジェットくん、風景を見ているのではなくって、その場でパラライズ身動き取れず枝と柵にひっかかったような状態になってしまってた。

あージェットくんには怖すぎたんだ。
すぐに元の位置にかごを戻す。
一分を待たずにパラライズ取れてもう一度枝にとまることができてた。

こんな子、ほかにいる?この子の爪を切らないといけないけれども、こんな状態では心臓麻痺起こしそうでこわくって・・・。

Seong-Jin Choさんのコンサート

2018.05.16 06:02|ドイツその他諸々日記
去年の12月にチケット買っておいたのねー。よかった・・・。

やっぱさ、どうしてもショパンコンクール優勝者のショパンを聞きたいって思うよねぇ、だけどもう2年半経ってるから?

Schumann Fantasiestuecke op. 12
Beethoven   Sonata "Pathetique"
Debussy  Images II pour piano
Chopin    Sonate Nr. 3 h-Moll op. 58

結構Seong Jinさんは、地味というか、マイペースですごく間というか、トーンを聞き入るのが好きなのかな、って思った。
全体的に地味かなーって思ったけど、うちの長女と同じ年であの落ち着き、なんか好感もった。

この人バッハとかすごく合うかも?

最後のショパンは、やっぱり弾き慣れている、って感じがして安心感。

演奏後は、ホールでサイン会だった。アジア人の女の子たちがだーっと並んでた。韓国人かな?結構多く来てたけども。


粗大ごみ回収

2018.05.14 01:35|ドイツその他諸々日記
娘の彼氏がまたもや助っ人に来てくれて、ほーーんとに助かった。
重いものは彼と娘がせっせと運び出してくれた。
明日は粗大ごみの回収日。
地域一体あちらこちらに粗大ごみの山ができている。
我が家のも広がらないようにコンパクトに出したけど、結構あるかな、って思ったのもつかの間、すぐに人が寄ってきて、物色に取り掛かってた。

そのうちでかいハンガリーナンバーのバンがやってきて、棚、一人用のソファ、そして洋服だな二つを持ってく準備をしていた。でかい男の人が一人で・・・。
いやーすごいな。あのソファー一人で持ち上げたんだ・・・。

うちに転がってたねじもあげた。

全部はないんだけれどもーっというと、
いいよいいよ、自分で組み立てるから、って言ってた。すごいできちゃいそうな人だった。バンにはちゃんとドリルとかも積んでたからそういった仕事してるのかな。

私が帰る時には本当にゴミ、って感じのものが残るのみで、後はきれいにリサイクルされた。

よかった。
| 2018.05 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT POST

CATEGORY

リンク

道具箱

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

がるっちさんの読書メーター

ページトップへ