FC2ブログ

犬を飼う前に

2018/09/17
子供のころからほしかったけれど、環境が許されなかったので、一度も私自身は犬を飼ったことがない。
でも今に自分に時間ができたらほしいなぁと思っては、FBで、The DodoやHope for Paw、ドイツのTierheimのサイトなどをフォローしている。

アメリカでの保護の画像を見るたびによく登場するのが、ピットブル。
相当痛めつけられてPTSDを患っている場合も多く、体を痛めつけられて、障害を負っているものも多い。

どうして?
一体そんなひどいことをさせるために産ませるなんてひどすぎる。
犬を戦わせる連中は自分が戦えばいいじゃない。
犬の耳をそぐ人間は自分の耳をそげばいい。

自分にできないことは他者にするな。

大型犬の野良犬も多いようだね、アメリカ。
犬でも保護前の希望のない目と、メディカルケアを受け、暖かい部屋でおなか一杯に眠るわんちゃんのキラキラ光る目の違うこと、違うこと。表情がでてくるから。
人間と一緒だよ。
犬を飼う前に、20年近く一緒にいられるか本当考えてほしいよ。
何がなんでも純血の子犬を欲しがらないでよ。
暖かいおうちを探している成犬、老犬、いっぱいいるから。


スポンサーサイト
comment (0) @ ドイツその他諸々日記

2018年8月に読んだ本

2018/09/17
8月の読書メーター
読んだ本の数:0
読んだページ数:0
ナイス数:24


読書メーター
でたー!ゼロ冊。 あんなに本を読んでいたら文句を言われていた時は、読みたくって仕方なかったのに。8月、何かしなくっちゃという焦りが強かったかも。 一冊本はかったんだけれどもさー、旅行に持っていくのも忘れちゃったよ。 こんな時もーあるー。
comment (0) @ 本関係、感想も

とうとう我が家でもテレビが見れる♪

2018/09/16

2週間ぐらい前かなぁ。


管理会社にテレビをつなぐのには、どんな何が必要なんだろう?と聞いてみた。
実は管理費にケーブルテレビの代金も含まれている、ってのは知ってたんだけれどもさ、とにかくテレビ、にまで気持ちがいくのに結構かかったね。
ケーブルテレビってことで、ケーブルの種類が分かった。


レシーバーを電気屋で買ってきてケーブルがついていなかったのを後で知って、夜買いに行った。どうしてもテレビつなげられるか、やってみたかったから。


ケーブルは、DVB-C。-TとかT2とかいろいろあるから気を付けないとね。


なんて簡単な!!


前のアパートにはアンテナがなかったので、テレビなしで2年弱住んだけれども、やっぱりテレビあると楽しいわ。レシーバーのおかげで、ラジオも雑音なく入る♪


つないですぐに見れるようになって、なんだ、私やればできるじゃーん、って思った。次は居間の電気だな、課題は。ダイニングルームの電気はつけられたのは、前の人がつるすねじを残していったから。それをさ、私には打ち込めないんだよね。怖くって。だって、下手にうっちゃだめ、ってネットの電灯のつけ方を説明しているビデオの人はいっつもいうので。


居間のは、つけてくれるサービスを使おうと思ってる。
普通の生活になってきてるよー。うれしいよー。

comment (0) @ ドイツその他諸々日記

ジェットくん

2018/09/10
9月10日ジェットくんの最後を看取った。この子の誕生日はよくわからないけれど、うちに来て7年。だから8歳前後だったんじゃないか、と。

アルビノシナモンのジェットくん。
うちに来たのは、2011年10月。
うちのぴったまの後夫として連れてきました。

でも連れてきてすぐに、あぁこの子はふつうの子じゃないな。無理した交配の末のシナモンだったんじゃと思った。
ものすごい怖がりで、怖いあまりに体がマヒすることもあった。

そのびくびく感は最後までなくならなかったけれど、ここんところは、人間が見ていなかったりそばにいなかったら、ちゃんとお布団で眠れるようになっていたので、ジェットくんなりに少しはリラックス(?)できるときがあったと思う。

ジェットくんの爪を切りたいのだけれども、心臓麻痺を起こすんじゃないかと怖くって後廻しにしていたんだけれども、もうエサ入れにひっかかったりしてあぶないので、思い切って捕まえてみた。
捕まえたジェットくんはそんな大きな声が出るのか!!と驚くほど猫のようにぎゃーぎゃー言った。そのうち本当かわいそうだけれども、怖すぎて動けなくなってしまった。その瞬間を狙って、爪をきってかごに戻すと、かごごと日向ぼっこさせたときよりも早くに体の緊張が解けていた。少しは私に慣れてくれたらいいのに・・・。

彼は大変高いソプラノで独特な歌を唄う子だったのが、この一か月だったか、歌がかわっていた。ソプラノが出ない。声が出ない感じだった。
歌が変わるなんてあるのかなぁ、と不思議だった。

この家に引っ越してきた3月、怖いから外に出れず、そのままかごの鳥になった。目がどんどん悪くなっていって、枝が見えないようだったので、とまれる枝を増やした。

今日午後、なんだか呼吸がしにくいような様子をしていた。部屋を暖かくすると口を開けていきすることはなくなったのだが、夜、ばた、っと下に落ちる音がしたのでかごにかけつけると、もう呼吸できないようだった。
大きく呼吸しようとしているがすぐに息絶えてしまった。

ジェットくん。
あんなに怖がりで本当気の毒なほどだった。
ジェットくんはもともとガリなので、おやつをかかさないようにしていた。おやつはよく食べていたけど、全然太らなかった。
食べてとにかく力をつけてほしかった。

あの歌が変わったころに気道に何かあっのかな。

(びびりのジェットくんの写真は極端に少ない。外付けHDを探そうと思ったけれど、思い出が詰まりすぎてて見てるだけでつらいので、探せていない。)

comment (0) @ うちの鳥ちゃんズ

夏休み最終日

2018/08/19
あぁ、もうお休みおわっちゃうー。
いやいや、仕事があってのこの生活。
粛々としていこう。

うちのおじいちゃんキンカチョウのききちゃんが、口の端の傷が治りきっていないため、昨日も出血。たぶん自分でひっかいてかさぶたが取れるのかなぁ。
突然飛び散る血。ききは私の手の中が一番好きだけど、血が出るとなんじゃこりゃーー!!と慌てふためくので、大変。
第一回目の出血の跡が白い壁に飛び散ってて残ってるぐらいよ。
今回は出血量も少なくききもすぐに手の中に落ち着いて寝てくれたんだけれども、これ、心配だわー。鳥は一体血量を増やすのに何を食べればいいんだろうか。

手乗り文鳥のとむちゃんも私の手の中でまったりするようになった。が、彼の体温と私の体温では、彼にとっては暑すぎるようで、口をぱかーっと開けて温度調整しつつ掌の中にいたりして(;'∀')

かわいぃーーー
もーこの夏休みはまさに鳥ちゃんとの時間、みたいに時間を使っちゃったよ。だってみんなご老人だから心配で。
手乗りじゃない子も、一番後から我が家にきた小町ちゃんももう飛べないようになっちゃってるしぃ。我が家に一番最初に来たキンカチョウのみーくんは、実は来た当時、まだ生まれて3,4か月とかだったんだろうか。彼、全然みんなと外観も変わらず。あぁ見えてももうみんな揃って9歳だから気を付けないと、温度変化を。

あと末っ子が飲食でバイトをするようになったので、時間がある休みはせっせと夜迎えに出かけたりして。やっぱ夜遅い電車は心配で。

おうちによくいた、鳥たちといっぱい一緒にいた、車をいっぱい運転した、そんな夏休みでした・・・(*´∀`)
ま、いっか。
comment (0) @ ドイツその他諸々日記

世界遺産の街Bamberg

2018/08/18
引っ越しがあったから、この夏は大きな旅行は企画できなかったけれども、
この町から少し離れたかったので、末っ子と二人、世界遺産に登録されてる町、バンベルクへ行ってきた。

Bamberg2 

世界遺産に登録されてるから、たくさんの中国人、アメリカ人、などの観光客がきていた。

Bamberg3 

夏は観光シーズンだろうに、どこもかしこも修復などの工事中。
ここはMichaelsberg.

Bamberg7 

ぐるぐる回ってたら大体のところは歩ききった。すごい足が疲れたー。
石畳なので、スポーツシューズなどで来るべきだったよ。
日本人ってすぐ見てわかるのは、ニューバランスのシューズを履いているから。なんでみんなニューバランスなんだ?

Bamberg5 

もう古い建物いっぱいあった。傾いてるのー。この扉は内側にしか開かない。

Bamberg4 

小さなベネチアだってさー。素敵ーに古い傾いているアパート。

Bamberg6 

今回も食事はとても楽しみにしていたのだー。
初日に、Kachelofen (カヒェルオーフン)でドイツ肉料理をどかーーんといったので、その後はドイツ料理は・・・いっかなぁ、と思って他を。
上記のお店は観光客が押し寄せている通りにあるドイツ料理の一つ。あんなにお客さん多いのに、ウェイター&ウェイトレス、大変フレンドリーでいい感じ。バーデンヴュルテンベルクと大きく違っているかもしんない。

次に行ったのは、Brudermuehle (ブルーダーミューレ), 川そばでなんだか雰囲気いい感じのもっと落ち着いた(それでも観光客がすごいけど)ドイツ料理のお店。なんと魚もおいてあったので、上記の写真、マティスのタルタルというのを頼んでみた。(初日のドイツ料理がきいて終始おなかすいていない状態だったので、軽いものしか食べたくなかった。)ワインもよさげだったけど、ここでBambergのRauchbier(ラオホビア)ってのを飲んでみたけれどぉ、。。。私はふつうのでいいかなぁ。Rauchって煙のことだけれども、まさに燻製の香り?味?がしても―なんともはや、独特。

そろそろ、ドイツ料理はいいだろう、と次はイタリアンを試した。
歩き疲れた遅いお昼にまず座ったのは、バス停すぐの角のイタリアン。
待てど暮らせど人が来ないのですぐ近くにある、Littele Italy Bambergへ移動。先ほどのイタリアンと大きく違い、活気のある様子。人が食事をしており、ウェイターが立ち働いている。座ってすぐに、メニューをプレゴと持ってきてくれたよ。ふー。歩き疲れたのだ。
ここ、おいしかったよー。この日は遅い午後、結婚式のため貸し切りだった。

3日目にしてどうにも白米が食べたくってあの日本米でなくってもアジアが食べたいとTripadvisorで探すけれども、アジア、ベトナムではいい感じのところが見つからず、なんだかレビューのとにかくいいich-sanへ行ってみることにした。Bambergはアジア、まだ発展途中なんだと思う。Stuttgartは本当日本人以外のアジア、日本料理でもおいしいところがあるけれどもね。かといって、ich-san、まずいとかStuttの某回転寿司ほどひどいというのではなくって、あのお値段だったらあれでも合格点。
アジアの人間にてんぷらは作れないというのははっきりとわかった。

街から少し離れたAltenburgのほうも行った。いやーーーすっごい歩いたよ。基本公共交通機関に歩きだから、私達ってば。
気持ちよかった。山のほうは邸宅も並んでいて目は楽しませてもらった。足はもー辛かった・・・。(;'∀')。

comment (0) @ ドイツその他諸々日記